道の駅の裏にある幻の食堂! 「時鮭の生トロ丼」がヤバイんです

道の駅の裏にある幻の食堂! 「時鮭の生トロ丼」がヤバイんです

羅臼の「道の駅 知床・らうす」の駐車場の裏に……

知床には漁師の実家が自分で獲った海産物を格安で食べさせてくれる民宿や食堂がいくつもありますが、こちらもそのひとつ。店主の父親が現役漁師で、本人はその魚を加工する水産加工場を経営するという、最強の仕入れルートを持ったお店です。

「魚寶」(ぎょほう)は羅臼の「道の駅 知床・らうす」の駐車場裏手に季節限定でオープンする食事処。基本はセルフの炭火焼きで、ショーケースに入った旬の魚を自分で選んで炭焼きにしてもらうシステム。直販&地元価格で驚くほどリーズナブルなことで知られています。

こちらがそのショーケース。ホッケ1500円、ハッカク2本500円、クチグロマス3本500円、ツブ貝200円などの羅臼名物海鮮のほかに、豚串500円や、とり足500円などのお肉系メニューも用意されています。

まずはホッケを焼いてもらいましょう。ホッケはすべて特大サイズで600g以上。このくらいのサイズが脂ののりが最高なのだとか。羅臼の真ホッケはたっぷり脂が乗っていること、その身の旨味が濃厚なことで北海道内でもブランド品として扱われています。炭火で炙られ、ジワジワとおいしそうな脂が染み出してきました。

このホッケを定食にしたのがこちら「ホッケ定食」1800円。ホッケ単体だと1500円なので、ライスにカニ汁、漬物がついてくるこちらの方が断然お得です。炭火で焼いたホッケは身が締まっていて噛むほどに甘味のある脂が口中に広がります。これはもう、ここだけでしか味わえない地元グルメです。

もう一つの人気メニューが「時鮭の生トロ丼」1000円です。時鮭とは春から夏にオホーツク海を回遊中に捕獲される高級魚。この時鮭を急速冷凍し、特殊製法でフレーク状にした物をたっぷりとのせたのがこの丼です。アツアツのご飯の熱でじんわり溶ける時鮭の脂をご飯と良く混ぜ合わせて、しっとりとなじんだところにわさび醤油をかけ回してかき込みます。時鮭の脂の旨さは絶品。この丼を食べに地方からやってくるリピーターもいるほどなのだとか。

混雑を避けたい人のねらい目の時間は13:00以降。14:00までのランチタイムは「牛サガリ丼」や「ローストビーフ丼」各1000円などのお肉メニューも用意されています。また、夕方近くなると地元漁師が多く訪れるので、地元の面白いお話が聞けるかも知れませんよ。

魚寶(ぎょほう) ■住所:羅臼町本町 ■電話:080・5583・0430 ■時間:GW〜9月末までの11:00〜17:00(7・8月は〜21:00)※臨時の早期閉店あり ■休み:不定 ■席数:30席(喫煙可)

【北海道ウォーカー編集部】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)