ウニの折がそのまま出てくるっ! 知床のうに丼が安すぎる

ウニの折がそのまま出てくるっ! 知床のうに丼が安すぎる

知床の観光拠点ウトロの漁師直営店だけに……

最近よく見かけるようになった、漁師が直接経営する民宿や食堂。なんといっても店主自ら漁に出かけて地元の最高の素材を獲ってくるのですから、おいしくないはずがありません。また、漁師直営ならお値段も都会では考えられないくらいに格安。今回は知床の観光拠点ウトロの漁師直営店をご紹介しましょう。

「知床朝市 大成丸」は漁師が自ら経営する、新鮮魚介を一番シンプルでおいしい食べ方で食べさせてくれる店です。ウトロの豊かな漁場から毎日揚がるウニ、ツブ、タコ、ホタテ(期間限定)などの新鮮魚介類や、当日干したホッケ、メンメ、カレイなどの干物をその場で焼いてすぐ食べられるのもほかにはない魅力です。

まずは、「うに丼」2000円。これウニ丼なんです。そう、ウニの折が1枚そのまま出てきちゃいます。で、この価格です。さらに言えばウニの中でも最高級のエゾバフンウニ。舌触りがとろけるような甘さに濃厚な旨味がたっぷり。いや、これ、どう考えても安すぎるでしょ。

店の中には大きな生け簀があります。ここにはその日獲ったホタテがいっぱい。ちなみにこちらのホタテはオホーツクではここだけという天然のホタテです。貝柱がしっかりしていて甘味が深い。かみしめるほどに「ホタテってこんなに味が濃かったんだ」ということを再認識できます。ちなみにこの天然ホタテは1枚200円〜。お刺身でも貝焼きでも調理方法はお好みで作ってもらえます。

で、その天然ホタテを使った人気メニューがこちら「ホタテバター焼丼」1300円。驚くほど旨味の濃い天然ホタテをバターと醤油でソテー。どっさり丼に載せちゃいました。1個が直径5cmはあろうかという貝柱がご飯を覆い実にゴージャスです。繊維の太い天然ホタテの貝柱は食感、味わいともに未体験の旨さです。いや、大げさではなく。

こちらはお土産も盛りだくさんで安い! ホッケは1枚650円〜、ホタテ10個1300円、タコ足100g160円などなど驚きのリーズナブルさ。持ち帰りは発泡スチロール250円が必須ですが、地方発送もできます。先ほどのいけすの天然ホタテも2日間までなら生きたまま送れるといいます。

食堂メニューはそのほか「ホッケ焼定食」1300円、「キンキ焼定食」1500円〜、ツブバター焼丼」1300円とシンプルな調理法でウトロの極上素材を味わえるものばかり。さすがは漁師さんの食堂。やっぱり、まずは素材なんですね。

知床朝市 大成丸 ■住所:斜里町ウトロ東24 ■電話:0152・24・2415 ■時間:7月下旬〜10月の9:00〜17:00(LO) ■休み:月曜(祝の場合翌日) ■席数:21席(喫煙可 ※11:00〜15:00のみ室内禁煙)

【北海道ウォーカー編集部】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)