最恐クラスが勢ぞろい!猛暑を吹き飛ばす九州のホラーイベント5選

最恐クラスが勢ぞろい!猛暑を吹き飛ばす九州のホラーイベント5選

人気のお化け屋敷プロデューサー五味氏が手掛ける

九州ではこの夏、話題のお化け屋敷プロデューサーが手がける一軒や、リアル怪談ドキュメンタリーイベントなど、さまざまなホラーイベントが開催される。今回、絶対に外せない身の毛もよだつ“最恐”イベントを厳選して紹介しよう。

■ ゆびきりの家(熊本県)

7月7日に熊本市中央区の新市街アーケードで始まった「ゆびきりの家」は、国内外から注目を集めるお化け屋敷プロデューサーの五味弘文氏が監修した注目のイベントだ。すでに沖縄や札幌で開催され、大盛況のうちに幕を閉じたお化け屋敷が今度は熊本に登場。こちらのお化け屋敷はストーリーとミッションが用意された体験型。来場者には、親や恋人から捨てられて亡くなった登場人物“あやこ”と指切りをするというミッションが与えられる。開催は9月3日(日)まで。

■ アミュのお化け屋敷(福岡県)

北九州市・小倉ターミナルビルの「アミュプラザ小倉」では、7月14日(金)から8月12日(土)まで「アミュのお化け屋敷」を開催している。今年末に閉園が決まり、最後の夏を迎えたスペースワールドの「九州一長いお化け屋敷(※イベント仮設営業形態時)」姉妹版が登場。その道50年以上のプロが創り上げた本物のお化け屋敷だ。駅からすぐなのでアクセスも抜群!また、参加特典としてレストランで最大1000円オフが当たる抽選券をプレゼント。この夏の思い出作りにいかが?

■ 海峡お化け屋敷「再怨(さいおん)」(福岡県)

北九州市の関門海峡ミュージアムでは、7月22日より毎年話題を集める「海峡お化け屋敷」が開催されている。3年前、とある廃校に現れたいじめられっ子M子の怨念が再び蘇る。来場者にはミッションが課せられ、制限時間90秒以内にクリアしなければならない。恐怖に耐えながら、無事にミッションをクリアすることができるのか…?3年の月日を経て、さらに恐怖が倍増したお化け屋敷に足を運んでみよう。

■ 最恐シチュエーションホラー第2弾「追跡者」(大分県)

一昨年前、6000人以上が恐怖し“怖すぎる”と話題になった「訪問者」から2年。あの恐怖が、8月4日(金)から装い新たに「アミュプラザおおいた」へ戻ってくる。今回の舞台はさびれた廃レストラン。来場者は迫りくる追跡者を振り切り、与えられたミッションをクリアしなければならない。あまりの恐怖に、今回もリタイア続出が予想される最恐シチュエーションホラーをぜひあなたも体験してみては?

■ THEリアル都市伝説「福岡の怖い夏2017」(福岡県)

日本全国の心霊スポットを回る心霊探検家・濱 幸成氏をゲストに迎えた怪談イベントが、8月22日(火)、23日(水)に福岡市天神で行われる。6月に開催し、多くの心霊マニアに好評だった「福岡の怖い話」の第2弾。濱氏が、自ら現場に足を運んで集めた秘蔵ファイルを証言と共に紹介する“リアル怪談ドキュメンタリーイベント”だ。未公開の怪談や心霊映像など、ほとんどが身近なスポットのものばかり。“リアル怪談”を聞いて暑さを吹き飛ばそう。

【九州ウォーカー編集部/窪園由紀子】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)