SUPER GT第5戦「富士」はARTA祭!富士スピードウェイは「恐竜&キャンプ&アクロバット飛行」で大盛り上がり

SUPER GT第5戦「富士」はARTA祭!富士スピードウェイは「恐竜&キャンプ&アクロバット飛行」で大盛り上がり

ARTAがSUPER GT始まって以来となるダブル・ポール・トゥ・ウィンを達成!

2017年8月6日、富士スピードウェイ(静岡県)にて2017年SUPER GTシリーズ第5戦「FUJI GT 300KM RACE」が行われ、GT500クラスは「ARTA NSX-GT」、GT300クラスは「ARTA BMW M6 GT3」が勝利。鈴木亜久里監督率いるチーム「ARTA」が2013年のSUGO戦以来となるダブル優勝を飾った。

■ SUPER GTとしては初となるダブル・ポール・トゥ・ウィンを達成

15時30分にスタートした決勝レースは、前日行われた予選でGT500クラス、GT300クラス共にポールポジションを獲得したARTAが、どちらも逃げ切りをはかり序盤から2位以下を大きく引き離す展開。

GT300クラスの「ARTA BMW M6 GT3」は、3位の「TOYOTA PRIUS apr GT」はおろか、2位の「初音ミクAMG」までも周回遅れにする盤石の勝利であったものの、GT500クラスは残り20週あたりから、2位の「MOTUL AUTECH GT-R」、3位の「ZENT CERUMO LC500」に詰められていく。

ルーティンのピット前には16秒近くあった2位との差が、じわりじわりと詰まっていく。さらに後半ハンドルを握った小林が、周回遅れのマシンの処理に手間取ったり、スライドさせコースをはみ出してしまうなど、観る者をヒヤヒヤさせたものの、辛うじて逃げ切りトップチェッカーを受けた。

SUPER GTとしては初となるダブル・ポール・トゥ・ウィンを達成したチームを指揮する鈴木亜久里監督は「ドライバーはもちろん、徹夜で頑張ってくれたメカニックにも感謝したい。でももう、レースを見るのは乗るより本当につらい!ずっと胃が痛かったけど、やっと晴れ晴れしました。ありがとうございます」と笑顔で語った。

今回の優勝は、HondaのNSX-GT及びBMWのM6 GT3としてもシーズン初勝利。またGT500クラス2位に入ったMOTUL AUTECH GT-RはNissan勢としては今季最高位であるほか、決勝日がハンドルを握るロニー・クインタレッリの誕生日だったこともあり、ピットは大いに盛り上がっていた。GT500クラスはこれまでレクサス勢の独走を許してきただけに、シリーズ後半戦に期待がかかる。

■ レース以外にもお楽しみがいっぱい!

大いに盛り上がった富士戦であるが、コース外にもお楽しみが多かった。予選日、決勝日のレース前には、エアレーサーの室屋義秀氏が華麗なアロバティックスを披露。スモークを噴射しながらキリモミやV字のターンなど、まるで木の葉のように舞う機体を写真に納めようと、多くの人が懸命にシャッターを切っていた。クライマックスでは、超低空でホームストレートを滑空!スモークを上げながら目の前の高さを飛ぶ飛行機に、グランドスタンドは大いに湧いた。

また、夏休みということもありサーキットは24時間開放。これを利用してキャンピングを楽しむ人の姿が目立った。特に最終コーナー付近に設けられたエリアでは、FUJI SPEEDWAY ACTIVE PARK CAMP(FAPC)と題した場内宿泊をより楽しめる各種企画を実施。

手ぶらバーベーキューや、DJプレイ、御殿場の地元業者とコラボしたホットドックや地元野菜が買えるマルシェ、お酒を提供するバーが設けられ、キャンパーたちでにぎわった。近くの日帰り温泉まで無料のシャトルバスが運行されたほか、この日は夜も過ごしやすかったこともあり、多くの参加者から好評だった。

場内では、敷地面積約9100平方メートルの森の中に、ブラキオサウルスやスピノサウルス、ティラノザウルスなど14種19体の“動く”恐竜模型を展示する「富士ジュラシックウェイ」がオープンし子供たちの人気を集めた。そして5日(予選日)の19:00からは、グランドスタンド前に設けられている3面の大型ビジョンにて2001年に公開された映画「ジュラシックパークIII」が上映され、夜の青空映画鑑賞を楽しむ家族連れの姿も。

予選終了後には中学生以下の子供とその保護者2名までが無料でピット前に行き、選手達と触れ合えるキッズウォークも開催。赤ちゃんの服にサインを求められた選手は、「大きくなったらまた来てね」と笑顔で応じるなど、和やかな雰囲気に包まれていた。

SUPER GTの次戦は2017年8月26日(土)・27日(日)に三重県の鈴鹿サーキットで開催。富士スピードウェイでは、2017年9月2日(土)・3日(日)に国内最長となる10時間という長丁場の自動車耐久レース「スーパー耐久シリーズ2017 第5戦 富士SUPER TEC」を開催する予定。この夏、サーキットに足を運んでみてはいかが。【横浜ウォーカー】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)