日本の「山の名前」検索数、年間ベスト10を阪急交通社が発表!

"山の名前"検索 2位に伊吹山

日本の「山の名前」検索数、年間ベスト10を阪急交通社が発表!

日本の「山の名前」検索数、年間ベスト10を阪急交通社が発表!

今年の夏は山で決まり

8月11日は「山の日」。これをきっかけにハイキングを検討する人も多いのではないだろうか。夏の登山は避暑にもなり、人混みを避けられるといった良さがある。

そこで阪急交通社の公開する、山に関するキーワードでのサイト内検索数ベスト10を紹介したい。

本格的な登山よりも、観光をメインとした登山を意識した人が多くいると見受けられ、初心者でも登りやすい山々が多くランクインしている印象だ。

※対象は、阪急交通社の旅行サイト(https://www.hankyu-travel.com/)内検索における2016年7月1日〜2017年6月30日の検索数合計より(発着地問わず)。単一キーワードによる検索数を元にしており、表記揺れ、複合キーワードによる検索はそれぞれ別キーワードとして集計。山としての名称以外での利用も多いキーワード、対象範囲が広大な山地等を指すキーワードなどは除外した。

■ 1位 富士山(ふじさん)<山梨県、静岡県>

やはり1位は富士山。日本の最高峰で、山中湖や河口湖など周辺からの景観を楽しむもよし、登頂してご来光を拝むもよしと、多くの観光客が訪れる。

■ 2位 伊吹山(いぶきやま)<滋賀県、岐阜県>

2位には琵琶湖を臨む滋賀県の最高峰「伊吹山」。山頂へはドライブウェイを使って楽に訪れることができる。

■ 3位 立山(たてやま)<富山県>

3位には北アルプスから「立山」が。さえぎるものが何もない最高峰ならではの景色が楽しめる。

■ 4位 高尾山(たかおさん)<東京都>

4位には都内から「高尾山」ラインクイン。新宿からも電車で約1時間と好アクセスで、駅からすぐにケーブルカーやリフトに乗り換えられるなど気軽に登山可能な山だ。

■ 5位 鋸山(のこぎりやま)<千葉県>

房州石の石切り場でもあった鋸山。石が切り出された後がのこぎりの歯のように見えたことから、この名前が付いたそう。日本寺の大仏や百尺観音など見どころが多くあるが、中でも、断崖絶壁の細く突き出した部分にある「地獄のぞき」は、怖いながらも絶景が楽しめるスポットとして人気。

他にも魅力の山々がランクインし、冒険心をくすぐられる。この夏に登山を満喫してみるのもいいかもしれない。【ウォーカープラス編集部/岩下大志】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)