肉まみれ!「神田の肉バル RUMP CAP」が渋谷駅前にオープン

肉まみれ!「神田の肉バル RUMP CAP」が渋谷駅前にオープン

「神田の肉バル RUMP CAP 渋谷店」 オープン!

株式会社大庄は、国内8店舗目となる「神田の肉バル RUMP CAP(ランプキャップ)」を8月16日(水)、東京・渋谷のJR渋谷駅前にオープンする。牛肉の超希少部位「ランプキャップ」などを塊のまま豪快に炭火焼きにするビーフステーキを看板メニューとし、旨い肉を気取らず、おしゃれに、かっこよく、“がっつり”味わえる、リーズナブルな価格設定の肉好きのための本格肉バルだ。

さらに、オープンを記念して、8月16日(水)、17日(木)の2日間限定で「全品半額オープニングセール」イベント(フード・ドリンクの全メニュー対象)が行われ、イベント期間中の店舗営業時間中、全品が半額となり、ランチタイムには通常1400円の「肉屋のサーロインステーキ200g(ライス、サラダ、スープ付)」が半額以下の500円で提供される。

■ 神田の肉バル RUMP CAP

「神田の肉バル RUMP CAP」は、2015年4月に1号店を肉バル激戦区とも言われる神田にオープンした後、牛肉の本場でステーキ専門店がひしめき合う神戸・三宮など各地に次々と展開。その肉質・味とリーズナブルな価格から「高コスパ」と口コミで広がり、田町店オープン時(2017年3月)には300名以上の行列ができるほど話題の人気店となった。あえて熟成肉は使わず、フレッシュな塊肉を炭火焼きにし、肉本来の旨味をストレートに味わえるのが特徴だ。

■ 2日間限定のオープニングセール

8月16日(水)、17日(木)の2日間は「神田の肉バル RUMP CAP 渋谷店」の全品が半額になる。

さらに、この2日間、ランチタイムの11:30〜14:30の間は、「サーロインステーキ200g」が半額以下の500円となる。

お肉がリーズナブルに楽しめる「神田の肉バル RUMP CAP(ランプキャップ)」。このオープンセールに是非足を運んでみてはいかがだろうか。【ウォーカープラス編集部/坂尾 康成】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)