軽井沢のインテリアショップ!15人の作家による130種類を超える作品が並ぶ「豆皿展」「サンドピクチャー展」が開催中

軽井沢のインテリアショップ!15人の作家による130種類を超える作品が並ぶ「豆皿展」「サンドピクチャー展」が開催中

「豆皿展」「サンドピクチャー展」

軽井沢のインテリアショップ「Resort Style」が8月20日(日)までの期間限定で、「豆皿展」と「サンドピクチャー展」を開催中だ。

2014年に軽井沢にオープンしたインテリアショップ「Resort Style」は、輸入専門家であるオーナーの芳子ビューエルが厳選した世界中の商品を直接輸入販売。ヨーロッパのモダンな家具や食器を中心に、こだわりの照明や椅子なども取り揃えている。日本で入手困難なヨーロッパのアパレルやバッグも大人気!メートル単位での生地の販売やオーダーカーテンなども近年人気上昇中だ。

「豆皿展」では、焼き物からガラスまで、15人の作家による130種類を超える豆皿を販売。手の平に収まる小さなサイズながら、作り置きの常備菜や残り物のおかずまで、盛るだけでご馳走に変えてしまう粋な器だ。「サンドピクチャー展」では、砂と水と空気が生成する、一期一会の幻想的な癒しのアートを楽しむことができる。

軽井沢ではこの時期、白糸の滝のライトアップや花火大会など、数々のイベントが実施されている。軽井沢に行った際には、インテリアショップ「Resort Style」に立ち寄って、素敵なアートに触れてみれはいかが。【ウォーカープラス/藤井もか】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)