星空トロッコに乗って夜空にきらめく“夏の大三角”を見に行こう!

星空トロッコに乗って夜空にきらめく“夏の大三角”を見に行こう!

大自然の中でする天体観測は、日常では味わえない特別な時間が過ごせる

富山県黒部市の山間を走る観光鉄道「黒部峡谷鉄道」は、今秋「星空観測特別ツアー『星空トロッコ』」を運行する。このツアーが行われるのは、2017年9月22日(金)から24日(日)までと、9月30日(土)・10月1日(日)の計5日間のみ。ツアーの料金は大人5500円、子ども3800円で、往復の運行料金に加えて軽食や記念品などもつく。

この「星空トロッコ」は、黒部峡谷鉄道・宇奈月駅を出発、日本一深いV字峡谷を約80分かけて進み、終点の欅平(けやきだいら)駅を目指す。目的地となる欅平展望台は標高600mの場所にあり、市街地からも離れているので星空観測には最適なロケーションだ。ここでは約50分の星空観測が楽しめ、ツアーの時期は“はくちょう座”“こと座”“わし座”によって描かれる“夏の大三角”や、美しい天の川が見られる。星空観察員もツアーに同行するので、気になる星や星座など分からないことがあれば気軽に聞いてみよう。

大自然の中で行われるこの星空観測。思う存分楽しむには、しっかり準備をしておくのがポイントだ。まず欲しいのはレジャーシートとクッション。地面に寝転びながら快適に星を眺められるぞ。双眼鏡や虫よけなども持っていくと便利だ。また、夜の山間部は冷えるので防寒具を持っていくのもお忘れなく。

ゆったりとトロッコ列車に乗って楽しむ星空観察。街中では体感できない非日常的な時間がきっと過ごせるはずだ!【東海ウォーカー/淺野倫孝】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)