裏洞爺にたたずむ、全6席のベジランチとハンドメイド雑貨のお店

裏洞爺にたたずむ、全6席のベジランチとハンドメイド雑貨のお店

洞爺湖北岸にある「とうや水の駅」周辺は近年「裏洞爺」と呼ばれ、このお店のようにオシャレなショップが増えています。

洞爺湖北岸にある「とうや水の駅」周辺は近年「裏洞爺」と呼ばれ、オシャレなショップが増えています。その中から今回紹介するのは、ハンドメイド雑貨と地元野菜を使った日替わりランチプレートを楽しめる「MITTSU(みっつ)」。

無農薬・無肥料の地元野菜を活かしたヘルシーな手作りベジランチ。木の温もりとハンドメイド雑貨に囲まれ、ゆったりほっこり佇みましょう!

「MITTSU」は、とうや水の駅から車で1分の、湖畔沿いの洞爺湖町小公園・中公園駐車場の向かいにあるカフェ。オーナーの二瓶光子さんは福島県出身で、東日本大震災をきっかけに一家で洞爺湖町へ移住してきました。洞爺湖周辺で知り合った農家さんの無農薬野菜に魅せられ、趣味だった雑貨作りを活かしたお店として2014年夏にオープン。全6席だけの小さなお店ですが、ナチュラル感あふれるゆったりとした空間で、近隣の人やカフェ好きの人が集います。

店内には、二瓶さんが制作したハンドメイド雑貨をはじめ、リネンやコットンの服などが並びます。ナチュラルテイストでシンプルな色とデザインのものばかりで、お店の雰囲気作りや空気感の演出にも一役買っています。

商品はすべて一点もの。形がバラバラだったり同じサイズのものがなかったり、手作りのよさと楽しさを感じられるのもこの店の魅力(リネンハンカチ500円、リネンワンピース6000円ほか)。直しやリメイク(3000円〜、要相談)、オーダー制作(5000円〜、要相談)なども可能なので、気に入った人は相談してみては?

メインメニューは毎日内容が変わるランチプレート(700円)。お肉のかわりに大豆ミートを使い、地元農家から直接仕入れた無農薬・無肥料の野菜など北海道産の素材をたっぷり使ったベジランチです。

訪れた日の献立は、ナスのチーズ焼きや、ズッキーニやトマトなどのマリネなど。野菜ってこんなに美味しかったの!?と思わず唸ってしまうほど、素材そのものの天然の甘さを感じられます。ボリュームもあるので、食いしん坊さんもご安心を!

お店に一歩入ると、時の流れが緩やかに感じました。地元野菜のヘルシーなランチをじっくりいただくと、農家さんが畑で一生懸命野菜を育てている様子が目に浮かんできそう。街の喧騒を離れ、裏洞爺でゆったりとした時間とほっこりとした空気を感じながら、ステキなハンドメイド雑貨やヘルシーで美味しいランチを楽しみませんか?

MITTSU ■住所:洞爺湖町洞爺町145 ■電話:090・2797・4193 ■時間:11:00〜17:00 ■休み:火曜、水曜、木曜(臨時休業あり) ■席数:6席(禁煙)

【北海道ウォーカー編集部】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)