名古屋おもてなし武将隊が先生に!?日本史を楽しく学ぶイベントが開催!

名古屋おもてなし武将隊が先生に!?日本史を楽しく学ぶイベントが開催!

名古屋おもてなし武将隊の織田信長と徳川家康が教壇に立つ!

2017年9月16日(土)・17日(日)に、「劇団もしものタイムマシン講座」が「名古屋城 本丸御殿」(名古屋市中区)で開催される。

このイベントは、「花戦さ」の原作者・鬼塚忠氏が企画・脚本を手掛け、舞台役者の速水映人(はやみえいと)が歴史上の人物に扮して授業を行なうという趣向が凝らされた歴史エンタメイベント。過去開催時には坂本龍馬やクレオパトラとして登壇し、それぞれが活躍した歴史背景について授業を行った。

そして今回名古屋城で行われる「劇団もしものタイムマシン講座」は、名古屋おもてなし武将隊とコラボレートする。速水が扮する史実上の人物に加え、名古屋おもてなし武将隊の織田信長と徳川家康も登壇。9月16日(土)は織田信長と茶道家・千利休による授業が、17日(日)は徳川家康と歌舞伎の創始者・出雲阿国による授業が行われる。戦国時代から安土桃山時代にかけて活躍した4人がどんな講義をするのか楽しみだ。

さらに、「劇団もしものタイムマシン講座」は9月23日(土)、24日(日)に東京の「明治大学 駿河台キャンパス」(東京都千代田区)でも開講。人気作家の鬼塚氏が企画・脚本を手がけた授業内容ともあって、歴史ファンは特に見逃せない内容となりそうだ。【東海ウォーカー/淺野倫孝】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)