「吉祥寺に、この犬と住むプロジェクト」始動! 第1弾は「フレンチブルドッグと住む家」

「吉祥寺に、この犬と住むプロジェクト」始動! 第1弾は「フレンチブルドッグと住む家」

「吉祥寺に、この犬と住むプロジェクト」始動! 第1弾は「フレンチブルドッグと住む家」

住宅メーカーのミサワホームと、犬との暮らしを面白くプランニングする株式会社ONE BRAND、武蔵野地域の土地オーナーで構成されたプロジェクト「吉祥寺に、この犬と住むプロジェクト」が立ち上がった。同チームが手がける“犬と住む家”の第1弾は「フレンチブルドッグと住む家」。「ペット共生住宅」や「ペット可物件」は数多くあるが、その中でも犬種を限定した戸建賃貸物件は非常に珍しい試みだ。

「犬種特化型戸建て住宅」の第1弾は「フレンチブルドッグと住む家」。この家は、プロジェクトチームおよび第1弾のパートナーであるフレンチブルドッグの専門雑誌「BUHI」の監修のもと、“犬と住む家”から一歩進んだ“この犬と住む家”をつくろうをテーマに、実際にフレンチブルドッグと暮らす人たちのリクエストや暮らしのアイデアなどを取り入れながら、造り上げていく素敵でおもしろく、住みやすい家だ。

この「吉祥寺に、この犬と住むプロジェクト」のチームは、緑豊かで犬たちが喜ぶ、心地よい街・吉祥寺に今後も「この犬と住む家」を企画していく予定だ。飼い主にとって「うちの子と私にうれしい工夫」が詰まったプロジェクトから目が離せない。【ウォーカープラス編集部/小倉実咲】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)