【いよいよ明日開催!】注目の「名岐ダービー」観戦前に楽しみたいスタジアムイベントとは?

【いよいよ明日開催!】注目の「名岐ダービー」観戦前に楽しみたいスタジアムイベントとは?

Jリーグ公式戦2度目となる名岐ダービーが開催!

2017年10月1日(日)に「明治安田生命J2リーグ 第35節 FC岐阜対名古屋グランパス」が、「岐阜メモリアルセンター長良川球場」(岐阜県岐阜市)で開催される。

東海エリアに拠点を置く名古屋グランパスとFC岐阜。両者によるゲームは「名岐ダービー」と銘打たれ、今年の3月に「豊田スタジアム」行われた初の「名岐ダービー」には2万人もの観客が詰めかけた。前回の結果は1対1のドロ―。各チームのファンが見守るなか白熱した展開となった。前回に続き、今回も注目必至となる「名岐ダービー」。会場ではこの試合をさらに盛り上げるため、さまざまなスタジアムイベントが行われる。

■ ミナモとグランパスくんがPK対決!

スタジアムイベントが行われるのは11:45から。ピッチでは「名岐ダービー」の前哨戦として、FC岐阜と名古屋グランパスのスクールの交流戦が行われ、“将来のJリーガー”らによる真剣勝負を観戦できる。またキックオフの前には岐阜県のマスコットキャラクター・ミナモと名古屋グランパスのマスコットキャラクター・グランパスくんによるサッカー対決が行われる。ロングキック、ニアピン、PKの3つの競技で競い合うので、こちらもぜひ応援しよう!またFC岐阜アンバサダーを務める町音葉をはじめ、北野瑠香、太田彩夏ら岐阜県出身のSKE48メンバーによるトークショーや、FC岐阜のマスコットキャラクター「ギッフィー」のお披露目会なども行われる。

■ オリジナルグッズにも注目!

また会場で手に入れられる限定アイテムにも注目。「対戦記念ジャガードタオルマフラー」(2160円)のほか、名岐ダービー仕様の「さるぼぼセット(大)」(2592円」、「美濃和紙マグネット」(2種 各918円)などが販売される。さるぼぼも美濃和紙も岐阜の名産なので記念に買ってみるのもおすすめだ。

手に汗握る試合展開が予想される「名岐ダービー」。試合観戦と合わせて、スタジアムイベントやオリジナルグッズの購入なども楽しんでみよう!【東海ウォーカー】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)