本気の仮装ゲスト多数!東京ディズニーランド初の“仮装ラン”をレポート

本気の仮装ゲスト多数!東京ディズニーランド初の“仮装ラン”をレポート

ゴールテープを切って先頭のゲストがゴール!

東京ディズニーランドで10月9日(祝)、開園前のパーク内を仮装して走るスペシャルプログラム「ディズニー・ハロウィーン・ファン・アンド・ラン」が初開催。ディズニーキャラクターの仮装に身を包んだゲスト500人が、秋晴れの空の下パークを駆け抜けた。

同プログラムは、東京ディズニーランドにおけるハロウィーンイベントが開催20周年を迎えたことを記念し、体育の日に合わせて実施されたもの。シンデレラ城前のスタート地点には、思い思いの仮装をしたゲストが集結し熱気に包まれた。

ミッキーマウスとミニーマウスによるセレモニーが終了すると、500人のゲストが一斉にスタート!

トゥモローランド、ファンタジーランド、ウエスタンランド、アドベンチャーランドといった各テーマランドを巡る約2kmのコース上には、各所にディズニーの仲間たちが登場。走るゲストにエールを送った。

スタートから約15分後、先頭のゲストがゴール地点のワールドバザールに姿を見せると、完走のお祝いに駆け付けたミッキーマウスやミニーマウスもテンションアップ!その後も次々と、完走したゲストを喜びいっぱいに迎え入れていた。

先頭でゴールした、「スター・ウォーズ」のレイと「美女と野獣」のベルに扮した女性2人組は、ジムのトレーナーをしており「今日に向けてトレーニングをしてきました」と準備万端で臨んだとのこと。

大好きなうさたまに仮装したという女性は「暑いです!」と汗を拭いながらも「普段のグリーティングでは会えないキャラクターがコースの途中で応援してくれて、嬉しかったです」と笑顔で話していた。【ウォーカープラス編集部/水梨かおる】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)