「リサとガスパール」が東京スカイツリー(R)展望台のクリスマスを演出

「リサとガスパール」が東京スカイツリー(R)展望台のクリスマスを演出

東京スカイツリーの最も高い展望台をリサとガスパールがデコレーション

東京スカイツリーとフランス生まれの大人気絵本「リサとガスパール」がコラボレーションしたイベント「リサとガスパールと過ごすフランスのクリスマス in TOKYO SKYTREE(R)」が11月9日(木)から12月25日(月)に開催される。

同イベントでは、地上450メートルの天望回廊を中心に、 リサとガスパールが暮らすフランスのクリスマスをイメージしたさまざまな演出が施される。

エレベーターを降りると、イベントだけのオリジナルストーリーが描かれたストーリーブック風のフォトスポットが目の前に。天望回廊では、オリジナルアートフォトスポットや複製原画などが展示され、展望台から見えるきらめく眺望と共にリサとガスパールの世界観を楽しむことができる。

また、天望デッキ フロア340の「SKYTREE CAFE」では、11月9日(木)から12月25日(月)までリサとガスパールとコラボレーションしたクリスマス限定メニューを販売。

さらに、天望回廊フロア450 折り返し地点では、リサとガスパールの特設ショップをオープンし、ここでしか購入できない、「ジャガードタオル」(648円)など、クリスマス限定オリジナルグッズが販売される。

東京スカイツリー(R)でしか体感できない、リサとガスパールのクリスマスに、ぜひ足を運んでみて!【ウォーカープラス編集部】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)