絶景と動物に出合う!那須高原の癒し秋旅へ

絶景と動物に出合う!那須高原の癒し秋旅へ

7合目〜9合目を結ぶ。ゴンドラは関東最大の111人乗り!

日光国立公園内の名峰・茶臼岳を中心に、那須高原を巡るドライブへ出発!美しいステンドグラスや愛らしい動物たち、高原スイーツに癒されよう。

■ <START>東北道 那須IC

【↓次のスポットへは県道17号(約18.5km)】

■ <1>那須ロープウェイ

深まる秋の那須ドライブは、まず日光国立公園那須連峰の主峰・茶臼岳へ。ナナカマドやツツジ、熊笹などの豊かな植生におおわれた山岳風景が目に優しい。9合目まで運んでくれるロープウェイからの眺めをゆっくりと堪能。天候次第では息をのむような雲海に出合えることもある。

日光国立公園の北部、那須地域にある標高1,915mの茶臼岳。山麓から山頂近くまで続く、ロープウェイからの眺望は圧巻のひと言。高低差293m、終点までの812mを4分程で上る。

【↓次のスポットへは県道17・290・305号(約10.9km)】

■ <2>那須どうぶつ王国

「那須どうぶつ王国」では、カピバラやレッサーパンダとの出合いに思わず頬が緩む。

広大なアニマルワールドでアルパカやカピバラなど、ほっこり系の癒し動物たちに出合える。20周年記念事業としてリニューアルされたバードパフォーマンスショーは日本随一の規模。

【↓次のスポットへは県道305・290・17・21号(約14.8km)】

■ <3>那須ステンドグラス美術館

「五感で楽しむ美術館」をテーマに建てられた英国調の施設内は、美しいステンドグラスの光で満ちている。パイプオルガンの調べに耳を傾け壮麗な空間に心洗われるひと時を過ごそう。

パイプオルガンの音色が厳かに響く礼拝堂で、色とりどりの光がきらめく世界に魅了される。

【↓次のスポットへは市道、県道17号(約1.8km)】

■ <4>ジョイア・ミーア那須本店

食欲の秋の楽しみも旅の醍醐味。本格イタリア料理店の地元食材を使った手作りピザやパスタに舌鼓を打つ。

行列ができるイタリア料理の人気店。那須高原の自然の恵みを感じられる味わいに大満足。高原のリゾート感あふれる広々とした店内は居心地がよく、その雰囲気も魅力の一つ。

【↓次のスポットへは県道17・21号ほか(約9.6km)】

■ <5>チーズケーキ工房 MANIWA FARM

ティータイムにはチーズケーキの人気店へ。心を満たす那須の旅を満喫できる。

牧場経営のオーナーが敷地内に開いたチーズケーキ工房。「ベイクド」「レア」「那須の雪解け」の3種をやや小ぶりなサイズでセットにした「チーズケーキ三昧」(1030円)は土日限定の人気商品だ。

【↓次のスポットへは市道、県道349号ほか(約4.8km)】

■ <GOAL>東北道 那須高原スマートIC

■総走行距離/約60.4km ■走行時間/約1時間40分 ※走行時間にはスポット滞在時間は含まず

■ SA・PA Break Time「大谷PA(上下)」

魅力あるSA・PAにはドライブの途中、ついつい寄り道したくなるもの。今回は東北道の大谷PAで購入できる、地元を代表するおみやげを紹介!

■ 「めんめんの餃子」(1190円、20個入り)

宇都宮の名店・めんめんの餃子がおみやげに。あんには宇都宮餃子の特徴である白菜を使用している。上り線で販売。

■ 「大谷石細工カエル」(4寸サイズ・約12cm、1852円)

栃木の名産・大谷石の彫刻で「無事に帰る(カエル)」という縁起物。5寸サイズ(2571円)と6寸サイズ(4320円)も。下り線で販売。【ハイウェイウォーカー編集部】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)