【秋の旬グルメ】海鮮グルメから絶景まで!静岡県御前崎市のごちそう旅を満喫

【秋の旬グルメ】海鮮グルメから絶景まで!静岡県御前崎市のごちそう旅を満喫

頭から身、エラ、内臓、皮まで丸ごとクエを味わえる

思い出に残るいい旅に欠かせないものと言えば、グルメやフォトスポット、そして絶景。おいしいものを食べた後は、ふらっと散歩でもしたくなるし、歩いていれば綺麗な景色に出会いたくもなる。今回は、そんな欲張りなあなたをも満足させる、静岡県御前崎市のとっておき“ごちそう旅”をご提案。

■ 幻の高級魚・クエを堪能

「磯料理 荒磯」

この「荒磯」では御前崎を中心に、近海で水揚げされる新鮮な海の幸を使った料理が充実。特に前菜やメイン、焼き物などすべてに養殖のクエを使うコース(5500円〜、要予約)が評判だ。

コースは、エラの唐揚げや皮と身のゼリー寄せの前菜、揚げ物、白身の石焼き、皮の酢の物、肝どうふ、あら煮などクエ尽くし!ほのかに甘い身の味と弾力のある食感を楽しもう!

■ 海風にあたりながらまったり

「パシフィックカフェ」

お腹を満たした後は、雄大な遠州灘を眼前に望む「パシフィックカフェ」へ。開放感あふれるテラス席を利用すれば、海風に当たりながらの散歩を楽しむこともできるので、写真を撮りながらゆっくりと過ごせる。

この店の人気メニューは、5種のスペシャルドリンク。なかでも、地元産の完熟イチゴを使った「ストロベリー&カシスオレンジ」(702円)は、甘酸っぱくさわやかな味わい。ハチミツの優しい甘さがポイントの「自家製ハニージンジャーエール」(648円)もオススメだ。

■ 夕景を灯台や展望台から一望

「パシフィックカフェ」から車で約1分と、ほど近い場所にある「御前崎ケープパーク」にも行ってよう。“海と大地の調和”をテーマにした、太平洋の絶景も楽しめる約1.5キロメートルの遊歩道。途中に咲く四季の花々を眺めながらの散策が心地いい。

恋人の聖地に指定され、日本の夕陽百選にも選ばれる「夕日と風が見えるん台」からの絶景を楽しもう。なお、いまの時期は16:30ごろが夕日の見ごろ。大切な人とロマンチックなムードに浸るなら、静岡ドライブがオススメだ!【東海ウォーカー/利川果奈子】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)