【名古屋にフォースが降臨】名古屋テレビ塔がスターウォーズ仕様に!

【名古屋にフォースが降臨】名古屋テレビ塔がスターウォーズ仕様に!

スモークとともに登場したカイロ・レンとストームトルーパーたち

2017年11月30日(木)、映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』公開記念の特別ライティングの点灯式が名古屋栄のテレビ塔で行われ、名古屋の中心にそびえたつ180メートルのランドマークが強大なフォースに包まれた。

この日行われた点灯式には、公開を待ち望む熱いスターウォーズファンたちもダース・ベイダーやストームトルーパーのコスチュームに身を包み自前のライトセーバーを持って集結。全世界を熱狂させる人気作だけに、会場は寒さを吹き飛ばすようなホットな空気に包まれていた。そして、テーマ曲がかかると会場のボルテージは最高潮に、そこへ特別ゲストのカイロ・レンとストームトルーパーがスモークとともに登場。

会場のファンたちと一緒に熱いフォースを送ると、テレビ塔にフォースが降臨しライティング演出がスタート。赤と青の光で闇と光を表現したライティングはまるで巨大なライトセーバーのようだった。

映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』は、新シリーズ3部作の2作目にあたり『スター・ウォーズ フォースの覚醒』の続編にあたる。前作でフォースを覚醒させルークと感動の結末を果たしたレイとダース・ベイダーを継ぐカイロ・レンの驚くべき運命が描かれる。その多くは謎のベールに包まれたままだが、1983年公開の『スター・ウォーズ エピソード6 ジェダイの帰還』のあとルークに何があったのかも明らかにされる。

ライトアップ後半には、なんと人気キャラクターのBB-8も登場する場面も。このライティングの演出にカイロ・レンも満足した様子だった。

映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』は12月15日より公開。また、公開前夜の14日には、一部映画館で先行上映も行われる。思えばダース・ベイダーが息子ルークに父だと明かしたのも2作目。まずは特別ライティングで気持ちを高め、キャストも驚く衝撃の展開をスクリーンで目撃しよう。【東海ウォーカー】(東海ウォーカー・にしおあおい)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)