赤城高原SA(上り線)リニューアル!第1弾は地元グルメ4店

赤城高原SA(上り線)リニューアル!第1弾は地元グルメ4店

地元の旬の野菜がたっぷりの「TRATTORIA Ogozzo」の「Ogozzoサラダ」(800円)

NEXCO東日本関東支社とネクセリア東日本株式会社関東西支店が、関越自動車道赤城高原サービスエリア(上り線)の商業施設をリニューアル。第1弾として、12月21日(木)10:00に地元食材を使ったレストラン及びフードコートをオープンする。

赤城高原SA(上り線)は “ドラマチックエリア赤城高原 上り線”と題し、地域の拠点となる観光型エリアを目指す、2018年4月下旬のグランドオープンに向け、現在、商業施設の全面改装が行われている。今回、グランドオープンに先駆け、地域ならではの食材やメニューを揃えたレストラン1店、フードコート内3店が営業を開始する。またオープンを記念し12月21日(木)から2018年1月8日(祝)までの19日間は各店、お得なオープニングキャンペーンを展開する。

■ 赤城の恵みを堪能できるイタリアン「TRATTORIA Ogozzo」

地元の野菜や果物を使った旬のパスタやピザ、サラダなど赤城の恵みを堪能できる落ち着きのあるイタリアンレストラン「高原採れたてダイニング TRATTORIA Ogozzo(トラットリア オゴッツオ)」。「3種のミート山賊ピザ」(1300円)など、店内の窯で焼き上げるピザもあり本格的なイタリアンを楽しめる。パスタ及びピザメニュー全品(セットも可)が100円引きになるオープニングキャンペーンを実施する。

■ 上州牛、上州麦豚を食す「赤城食堂」

上州牛、上州麦豚をはじめ、地元赤城の「製造直売 赤城のホルモン屋 マルフクホルモン」を使った定食などを楽しめる。その他、「上州麦豚ヒレカツソースかつ丼」(2枚のせ880円、3枚のせ980円)や、1日20食限定の「上州牛すき焼き御膳」(1980円)といったメニューが揃う。1月8日(祝)までは各日10:00から「上州牛すき焼き御膳」を注文した先着5名には肉増量のサービスが付いてくる。

■ 24時間営業の沿線グルメ「越後へぎそば処」

つなぎに布海苔(ふのり)を使用した独特の風味とコシが特徴の本格的な「へぎ蕎麦」が味わえる、「越後十日町小嶋屋」が監修した沿線グルメ「越後へぎそば処」。おすすめは「へぎ蕎麦(冷)」(750円)、「天ぷらとへぎ蕎麦(温/冷)」(1280円)など。オープニングキャンペーンでは、各日10:00から「へぎ蕎麦(冷)」を注文する先着50名にえび天1尾をサービスする。

■ 3種のスープに地元野菜をたっぷりのせたラーメン店「ラー麺 畑 Hatake」

塩、醤油(岡直三郎商店の日本一醤油)、味噌の3種のスープをベースに、地元野菜をたっぷり使用。「野菜たっぷりタンメン」(780円)、「キャベツあつ盛味噌ラーメン」(880円)など素材の味をいかしたラーメンを提供する。オープニングキャンペーン期間は、ラーメン各種にチャーシュー1枚がサービスされる。ただし、「焦しネギ炙り厚切りチャーシューラーメン(醤油/味噌)」は対象外。

群馬県を代表するローカル色を押し出したグルメのラインナップで、都会の喧騒から離れた“旅のドラマ”を味わってみてはいかが。【ハイウェイウォーカー編集部】(東京ウォーカー・ )

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)