サポーターの期待を胸に、2018年のコンサドーレいよいよ始動!

サポーターの期待を胸に、2018年のコンサドーレいよいよ始動!

壇上に勢揃いしたコンサドーレ札幌の選手・スタッフたち

サッカークラブ・北海道コンサドーレ札幌の2018年シーズンのキックオフイベントが13日、ホームタウンの札幌市内で開催され、4000人を超えるサポーターを前にチームおよびスタッフの新体制のお披露目を行った。

2012年以来5年ぶりにJ1に昇格した2017年シーズンは、16年ぶりのJ1残留を果たすどころか過去最高位に並ぶ11位で終えたコンサドーレ。何よりサポーターの声援がこの順位に押し上げたと語る野々村社長は、挨拶で2018年シーズンに向けて「今までコンサドーレが見たことがない景色を、皆さんの力で見に行きたいと思っています」と語り、サポーターから大きな拍手を浴びていた。

また、今シーズンから就任したペトロヴィッチ監督は、予想以上という会場のサポーターの数に驚きながらも「選手たちも含めこのチームはとてもよいので、必ずいい結果を残せる。シーズンの終わりには皆さんと“素晴らしいシーズンだった”と、サッポロビールで乾杯できると思っています」と挨拶、詰めかけたサポーターを大いに喜ばせた。

会場のサポーターの方に話を伺うと、過去広島や浦和で2006年から11年間間指揮をとってきた同監督への期待の声が多く「今までのコンサドーレにはない、どんな攻撃的なサッカーを見せてくれるか楽しみ」「攻撃の補強も的確で、新加入選手に期待している」「新監督には不安もあるが、今年はW杯の中断期間があるのでそこで建て直せる」などの意見が寄せられた。順位も5位をはじめトップ10以内を予想する人が最も多く、サポーターの間には大きな期待を持って新シーズンを迎えられるという、ポジティブな空気があふれていた。

コンサドーレ札幌の2018年シーズンは2月24日(土)のアウェイ・広島戦からスタート。札幌ドームでのホーム開幕戦は3月10日(土)の清水戦からとなる。

【北海道ウォーカー編集部】(北海道ウォーカー・有本和貴)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)