ルクアにまた新しい食エリアが登場!「LUCUA FOOD HALL」が 4/1(日)グランドオープン

ルクアにまた新しい食エリアが登場!「LUCUA FOOD HALL」が 4/1(日)グランドオープン

LUCUA FOOD HALL(イメージ)

JR西日本SC開発は、JR大阪駅直結のファッションビル「LUCUA(ルクア) osaka」に新しい食エリア「LUCUA FOOD HALL」を4/1(日)オープンさせる。

■ 地下2階の食のフロアが大幅リニューアル

昨年12月の第1期「バルチカ」エリア拡大オープンに続き、第2期のリニューアルにあたる。ヨーロッパで発祥し、アメリカでも人気のフードスポットとなっている「フードホール」をベースに、さまざまな「食」のシーンがボーダレスに融合。生鮮や惣菜を買う“だけ”、クイックに食べられる“だけ”、ゆっくりとくつろげるレストラン“だけ”、ではなく、複数の食の楽しみ方に対応するエリアに生まれ変わる。

■ 全国初出店の「キッチン&マーケット」

まずは、阪急オアシスが展開する新業態「キッチン&マーケット」。“買う・食べる・集まる”をキーワードに、マルシェのように新鮮な食材の販売はもちろん、売り場に併設されたダイニングで、販売している旬の食材を使用した料理をその場で食べることもできる。食物販とダイニングがボーダレスに融合した空間に合計15店舗が出店し、利用シーンに応じて使いやすいフロアに!

「メルカ」は、イタリア食材の販売をメインに、店内に設置した焼き窯では焼きたてのピッツァが楽しめる。製麺工場で作る生パスタを提供するダイニングや、イタリアンコーヒーが飲めるカフェ席、チーズ、生ハム、ワインが楽しめるスタンディングバルも併設されている。

「スイーツアットホーム」では、店頭に並ぶ旬の果物でつくるフレッシュジュースや、焼きたてのクレープ、見た目も華やかなパフェなど、スイーツをクイックにテイクアウトできるほか、カフェも併設。和菓子や洋菓子も取り揃え、手土産にもぴったりなスイーツも!

「フレッシュガーデン」は新鮮な産地直送野菜や鮮魚、精肉の販売を行う。ほか新鮮野菜のサラダバーや、寿司職人が握ってくれるお寿司、石釜で焼き上げるハンバーグや熟成肉ステーキが味わえるダイニングや、店内で購入した食材を持ち込み、BBQが楽しめるセルフコーナーも併設する。

■ 関西初出店の「クロッカンシュー ザクザク」に注目

関西初出店となる注目の店が、年間約200万本を販売するシュークリーム専門店「クロッカンシュー ザクザク」。アーモンドクランチとクロッカン(焼き菓子)をたっぷりまぶしたザクザク食感のシュー生地と北海道産の牛乳を使用したなめらかなカスタードクリームが特徴のシュークリームを作りたてで提供!

また「スターバックス コーヒー」では、「のめり込むようなコーヒー体験」をコンセプトとした「スターバックス リザーブ?バー」(Starbucks Reserve Bar)を備えた店舗が西日本初出店。

■ まだまだある!全国初出店も!

「マルトメ・ザ・ジューサリー パフェテリア」はルクア地下1階でも人気の「マルトメ・ザ・ジューサリー」の新業態で、創業100年を超える老舗果物店厳選のフルーツを贅沢に使用した、フルーツパフェとフルーツドリンクを提供。

ベルギーワッフルの「マネケン」がプロデュースする新しいプチワッフルの専門店「コロンコロン ブシェ」では、ここでしか食べられない果物や野菜などヘルシーな素材を活かした、ふんわりと優しい食感が特徴の色とりどりのかわいいワッフルが登場する。

営業時間は10時から23時までと長いのも魅力。カフェやレストラン、手みやげにも最適なスイーツなど、梅田のど真ん中で「毎日使いたい」「毎日使える場所」として、食の新しい価値を見出すことができるのでは。【関西ウォーカー編集部】(関西ウォーカー・森田周子)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)