札幌・北大そば! 栄養士さんが作るカロリー控えめランチ「taft-B」

札幌・北大そば! 栄養士さんが作るカロリー控えめランチ「taft-B」

北海道大学のそばにある「taft-B」

風邪をひきやすいこの季節、抵抗力を保ちながらカロリーオーバーにならないように、食事には特に気をつけたいですね。札幌・北大近くにあるカフェ「taft-B」では、現役の栄養士さんが作る低カロリー&ボリュームたっぷりの定食が味わえます。人気のメニューを紹介しましょう。

「taft-B」が開店したのは2013年。以来、栄養士さんが監修する低カロリーの料理が好評となり、今では平日でも開店直後から客足が絶えない人気レストランに。カロリーを抑えながらも栄養バランスに優れ、しかもおいしい定食メニューが多数そろっています。

同店ならではのメニューとしておすすめしたいのが「まごわやさしい膳」(1620円)。必要な栄養バランスを「孫は優しい」という言葉にかけた「ま・ご・わ・や・さ・し・い」で始まる食品がすべて入った魅力の定食です。工夫を凝らして調理された豆、ゴマ、ワカメ、野菜、魚、椎茸、イモの7品目が、楽しくおいしく味わえます。

もう一品のおすすめが「鶏ねぎひつまぶし風」(907円)。丼に盛られたひつまぶしには青々としたネギがたっぷり。3種類の付け合わせが付いて700キロカロリー以下と、ボリュームがありながらカラダに優しいメニューです。

店長の江良詩織さんは「忙しい方々のために、カロリーを抑えながら栄養バランスに配慮したメニューを提供しています。お客様に喜んでいただき、食事が楽しいものになったらうれしいですね」と優しい笑顔で語ります。北大に近い立地もあり、「taft-B」の客層は学生から大学職員、周辺企業のOL、サラリーマンなど幅広い年代におよびます。ランチどきはかなり混み合うので、時間をずらして訪れるのもいいかもしれません。

和洋中というジャンルにとらわれず、あくまで栄養バランスを重視したメニューを楽しめる「taft-B」。身体に必要とされる栄養、ビタミンなどを効率よく、しかもおいしく。こちらの店で味わってみてはいかがですか?

taft-B ■住所:札幌市北区北10西4-1-22ビジネスインノルテII-2F  ■電話:011・757・8055 ■時間:11:00〜19:00(LO18:00) ■休み:日曜 ■席数:34席(禁煙)(北海道ウォーカー)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)