ハマの歴史を感じる由緒ある名所で梅とサクラを愛でる

ハマの歴史を感じる由緒ある名所で梅とサクラを愛でる

一般公開が始まった1906(明治39)年ごろのサクラの季節の正門前

自然豊かな日本庭園に、歴史的建造物が点在する本牧の三溪園。山手エリアにもまた、大正期に建てられた洋館を移築・復元したエリスマン邸など、数々の西洋館があり、外国人居留地だった明治期の面影を感じる。どちらも横浜有数の観光名所。和の風情や異国情緒を感じながら、花と歴史を楽しむひと時をのんびりと過ごそう。

■ 梅とサクラ、それぞれの時期に訪れたい三溪園

園内には約600本の梅の木があり、名所として親しまれている。梅、サクラをはじめとする四季折々の花が咲き、歴史的建造物に風情を添える。

2018年2月10日(土)〜3月4日(日)は観梅会、3月31日(土)〜4月8日(日)は観桜の夕べ(最終入園20:30)を開催するので出かけてみよう。

■ エリスマン邸など西洋館を巡りながらサクラを鑑賞

大正期に建てられた洋館を移築・復元したエリスマン邸のほか、数々の西洋館が点在する山手エリア。内部も見学できるので、庭や周辺のサクラを鑑賞しながらのんびり巡ってみよう。サクラは、エリスマン邸山手234番館の元町公園や、山手イタリア山庭園などで見られる。

サクラに続き、三溪園では、ツツジ、フジ、スイレン、ハナショウブ、アジサイなど、山手エリアでは、港の見える丘公園のローズガーデンや西洋館の庭で、横浜市の花でもあるバラが見ごろを迎える。この春は花の名所で散歩をしながら、歴史を感じてみてはいかがだろうか。【取材・文/A-un】(横浜ウォーカー)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)