瀬戸内海のパノラマ景色は圧巻!西日本随一の「絶景露天風呂の宿 銀波荘」にこもりたい

瀬戸内海のパノラマ景色は圧巻!西日本随一の「絶景露天風呂の宿 銀波荘」にこもりたい

海とつながって見える湯舟の「天海の湯」の露天風呂/絶景露天風呂の宿 銀波荘

「絶景露天風呂の宿 銀波荘」の全国から足を運ぶ人が絶えない理由は、瀬戸内海に面した露天風呂。海と空に溶け込むように作られた「天海の湯」と、自然の岩を利用した「岩海の湯」は、どちらも、つかるとまるで海の中にいるかのような気分になるはず。入浴後は、新鮮な魚介の夕食でほっこり。<※情報は関西ウォーカー(2018年1月23日発売号)より>

■ 瀬戸内海を見渡すパノラマの景色に感動

「天海の湯」と「岩海の湯」は朝晩男女入替制。「よみがえりの湯」と言われる名湯で癒されて。どちらも熱した石の上に水を垂らし、水蒸気を発生させるボナパーム式サウナを完備。絶景露天風呂とサウナで極楽気分に。

海とつながって見える湯舟の「天海の湯」の露天風呂。特に海に日が沈む情景は圧巻!

■ 地産地消にこだわった旬の素材を使った会席の夕食

目前の海で採れる新鮮な魚介類をふんだんに取り入れた夕食が評判。この時期は蒸しガキやカキの小鍋などのカキ三昧の会席が人気で、ほかには鯛の塩釜グルメ会席などのプランも。

カキ三昧の会席には気仙沼産フカヒレと海老芋の煮物や地元の魚介のお造りなども付く。 ※仕入れ状況により変更あり。

■ 絶景露天風呂は全国的な人気

露天風呂付きの海側の客室。緑に囲まれた山側や庭園側の客室などもあるが、その分料金はお手ごろ。

■ 宿のホンネ・客のホンネ

(宿)「天空露天風呂付き特別室『天空』などは、絶景を独り占めしたいという方にオススメ。ただし露天風呂が付いた客室は温泉ではないのでご了承ください」と、スタッフの野口佳奈さん。

(客)「夜はお酒、昼はコーヒーなどが楽しめるラウンジもいい眺めでした。夕食の部屋食に対応している客室が限られていて、海側の『スタンダード客室(10畳)』の3部屋のみなのが残念」

■ チェックアウト後はココへ

赤穂の文化遺産、雲火焼や赤穂緞通(あこうだんつう)の展示館「桃井ミュージアム」。海が見えるカフェスペースも。

■桃井ミュージアム<住所:赤穂市御崎634 電話:0791-56-9933 時間:10:00〜16:00(LO) 休み:火曜 料金:入館無料 駐車場:20台(無料)>

■絶景露天風呂の宿 銀波荘<住所:赤穂市御崎2-8 電話:0791-45-3355 時間:IN15:00から、OUT10:00まで 休み:なし 料金:2人1室(2食付き)1人1万7280円から ※別途入湯税1人150円必要 部屋数:35室 駐車場:20台(無料) 交通:JR播州赤穂駅より無料送迎バスあり>【関西ウォーカー編集部】(関西ウォーカー・編集部)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)