東海日帰りドライブ|大切な人と一緒に見よう!愛知県の夕景ロケーション5選

東海日帰りドライブ|大切な人と一緒に見よう!愛知県の夕景ロケーション5選

オレンジ色に染まる空は、写真でもため息がでるほど美しい。もちろん、サンセットも見ることができる/小野浦海水浴場

東海エリアには、美しい夕景を眺められるスポットが多数存在する。今回は“愛知県内で見られる夕景”をテーマに、5スポットを厳選してご紹介!ドライブの締めくくりに訪れてみよう。

■ 夕日を浴びて海に輝く斜張橋

伊勢湾岸自動車道にある、名港東大橋、名港中央大橋、名港西大橋の3つの橋の愛称が名港トリトン。それぞれ青、白、赤に塗り分けられ、夜間はライトアップもされる。名古屋市港区の金城ふ頭から眺めるのがオススメだ。

■ 伊勢湾と砂浜、空があかね色に染まる

知多半島の西側にある「小野浦海水浴場」。遠浅の白浜は約1kmにわたり、目の前に広がる伊勢湾と空をあかね色に染める夕景が見られる。リゾートムードも満点なので、気軽に遊びに行こう。

■ 夕焼けをバックに飛行機や船が行き交う

「中部国際空港セントレア」のスカイデッキからは、夕暮れ時に伊勢湾に沈む太陽が見られる。夕日を背に飛び立つ飛行機や行き交う船などここならではの夕景が見られ、スカイデッキに面した飲食店でもサンセットを楽しめる。

■ 夜景を眺めながら愛を深めるデートスポット

蒲郡市街を一望できる展望台「ラバーズヒル(恋人の丘)」。夜景はもちろん三河湾に沈む美しい夕日も見ものだ。ハート型のプレートに願い事を書き、フェンスに南京錠で取り付けるW愛の鍵Wのスポットとしても知られている。

■ 島のシルエットが浮かぶ夕景

島そのものが天然記念物である蒲郡市の竹島。対岸から島までは400m程度しか離れておらず、対岸からでも島にある豊かな自然を確認できる。夕日による横からの光が、島の美しさを引き立ててくれる。(東海ウォーカー)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)