おひとりさまでも参加OK!超リアルで話題の最新VRに「SEGA VR AREA ABENO」でのめりこもう

おひとりさまでも参加OK!超リアルで話題の最新VRに「SEGA VR AREA ABENO」でのめりこもう

舞台はゾンビに襲われた街/SEGA VR AREA ABENO

「SEGA VR AREA ABENO」で超リアルな、最新VRが体験!ひとり参加OKのものもあるので、気軽に挑戦できる。ゾンビがわらわらと襲ってきたり、物体を破壊しまくったり…最新VRのリアルさにのめりこもう!<※情報は関西ウォーカー(2018年2月20日発売号)より>

■ いくらなんでもリアルすぎ!関西ではココだけの最新VR

ゼロレイテンシー社が開発した最新VRアトラクションが楽しめるのは関西ではここだけになる「SEGA VR AREA ABENO」。武器を構えて225平方メートルの広大な空間を自由に動き回り、ゾンビから拠点を守りぬくことをミッションとする「ゾンビ サバイバル」は、ひとり参加OKだ。

舞台はゾンビに襲われた街。プレイヤーのミッションは、先に送り込まれた救出チームを支援し、拠点を守りぬくこと!

ゾンビとはいえ、かなり強いうえに動きもすばしっこい!

上から横からと、急襲してくるゾンビたちにひるむことなく、(怖いけど)頭を撃ちまくるべし。

約225平方メートルの室内が、荒廃した倉庫のような不気味な空間に!1階からエレベーターで2階に移動することもできる。

■ VR体験の流れ

<1>受付で空いている時間を確認して予約(事前予約不可)。メールアドレスを登録する。

<2>プレー中は上官となるスタッフから、プレー方法などの説明を下士官風に受ける。

<3>ヘッドセットと、総量約6kgのバックパックPC&銃を装備していよいよプレイ!

「プレイ中はつねに上官の私が指示を出すので、ゲーム慣れしていなくても大丈夫だ。ひとりで来てもほかのお客さんと共に戦うこともあるぞ!」と、上官役スタッフのキャサリンさん。

■SEGA VR AREA ABENO<住所:大阪市阿倍野区阿倍野筋1-6-1 あべのキューズモール3F 電話:06-6633-5880(セガ あべのキューズモール) 時間:10:00〜22:00 ※「ゾンビ サバイバル」は10:30〜21:00の毎時00分と30分スタート 休み:不定休 ※2月は20日(火) 料金:「ゾンビ サバイバル」1人1500円、土日祝2000円 駐車場:1500台(30分無料、以降30分300円) 交通:地下鉄阿倍野駅と地下で直結>

■ こちらもひとり参加OKのVR

「NINJA VR KYOTO」で古都の商店街で忍者に成りきろう!手裏剣を投げ、敵の忍者をかわし、斬り…体を動かして臨場感あふれる忍者修行ができるオリジナルのVRアクションが好評。手裏剣から刀に吹き矢まで体験できるフルアトラクションがおすすめだ。

■NINJA VR KYOTO<住所:京都市東山区古川町545 2F 電話:075-205-2798 時間:11:00〜21:00(最終受付20:00) 休み:火曜 料金:「フルアトラクション」(5500円)、「VRアトラクション」(3000円)など ※電話やHPで要予約 駐車場:なし 交通:地下鉄東山駅より徒歩3分>

脱出からアトラクションまで全3種がそろう「THE 3RD PLANET BiVi京都二条店」。1台で複数のVRコンテンツがプレーできる「V-REVOLUTION」が常設されているのは関西ではここだけ。現在は「脱出大作戦!〜豪華客船から宝石を奪え!〜」や、「DEATH・GAME」(写真)など全3種あり。

■THE 3RD PLANET BiVi京都二条店<住所:京都市中京区西ノ京栂尾町107 BiVi二条2F 時間:075-813-2150 時間:9:00〜24:00(「V-REVOLUTION」受付23:00まで) 休み:なし 料金:「V-REVOLUTION」1人500円 駐車場:132台(30分100円、土日祝60分200円など) 交通:JR二条駅より徒歩2分>

球をブチ壊す感触が気持ちいい「梅田ジョイポリス」。2017年10月に新バージョンが登場したVR脱出ゲーム「エニグマスフィア」。スーパーエージェントとして、近未来のような空間で、あちこちに隠されたスフィア(球)を破壊しながら脱出を試みる。

■梅田ジョイポリス<住所:大阪市北区角田町5-15 HEP FIVE8・9F 電話:06-6366-3647 時間:11:00〜23:00 ※「エニグマスフィア」は13:30〜21:00、土日祝11:00〜21:00(変更の場合あり) 休み:不定休(2・3月はなし) 料金:「エニグマスフィア」1人800円 駐車場:なし 交通:各線梅田駅から徒歩6分>【関西ウォーカー編集部】(関西ウォーカー・編集部)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)