日産、e-POWER搭載の新「セレナ」を発表!発売記念の写真展も開催

日産、e-POWER搭載の新「セレナ」を発表!発売記念の写真展も開催

日産「セレナe-POWER」を発売

日産自動車は2月28日(水)、日産グローバル本社ギャラリーにて「セレナ」に電動パワートレイン「e-POWER」を搭載した「セレナ e-POWER」を発表。3月1日(木)より全国一斉発売される。

2016年に日産「ノート」に初搭載されたe-POWERは、搭載しているガソリンエンジンにより発電し、その電力を利用した100%モーターで駆動する。「セレナ e-POWER」は、アクセル通りに発進できるレスポンスのよさや加速のスムーズさなど電気自動車のような走行性能と、車速に応じたエンジン回転制御とボディの随所に施された防音対策による高い静粛性が特徴だ。発電用エンジンでの効率的な発電や優れた空力性能により、26.2km/リットル(JC08モード)の低燃費も実現している。

また、e-POWER搭載によりアクセルペダルのみで加減速の調整が行える「e-POWER Drive」の運転感覚も魅力。ペダルの踏み替えが少なく済み、加減速の多い街中やカーブが続く郊外路でも快適な運転ができ、停止直前の挙動も穏やかなため同乗者の乗り心地にも配慮されている。

また、新機能としてなるべくバッテリーだけで静かに走行する「マナーモード」や、「マナーモード」をフルに活用できるよう事前に充電しておく「チャージモード」も設定され、前述の静粛性とともに車内でも会話のしやすい環境づくりを実現している。

安全・先進機能としては、インテリジェント エマージェンシーブレーキのほか、「セレナ e-POWER XV」や「セレナ e-POWER ハイウェイスターV」にオプションで設定される高速道路同一車線自動運転技術「プロパイロット」、移動物検知機能付きの「インテリジェント アラウンドビューモニター」、駐車支援システム「インテリジェントパーキングアシスト」なども搭載している。

デザイン面では、フロントグリルのほか、エクステリアおよびインテリアの随所にe-POWERを象徴するブルーアクセントが施されている。またエクステリアは、専用の15インチの切削アルミホイール、ルーフサイドスポイラーを新たにデザインし空力を向上。インテリアは、シフトバイワイヤー機能のシフトノブや、ブルーアクセントのイルミネーションを大型のマルチセンターコンソールトレイにあしらい、より先進的なイメージのデザインとしている。

グレードは「e-POWER X」「e-POWER XV」「e-POWER ハイウェイスター」「e-POWER ハイウェイスター V」の4種で、価格は296万8920円から340万4160円となっている。

「家族史上、最高でかけたくなる」クルマと銘打った「セレナ e-POWER」。日産グローバル本社ギャラリーでは発売を記念し、「家族史上、最高写真展」を2月28日(水)から3月14日(水)まで開催する。写真展では、SNSで集めた家族のおでかけ写真を日産の各車種とともに500点以上展示。またこの開催に合わせ、3月14日(水)までSNSで一般応募による写真コンテストも行われている。

おでかけをより快適に楽しくする新しいセレナに注目だ。(東京ウォーカー(全国版)・国分洋平)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)