女子大生が毎日使いたくなる!アレンジ無限で同世代に差がつく“和モダン”アイテム?/イマドキ伝統工芸#002《有松・鳴海絞》

女子大生が毎日使いたくなる!アレンジ無限で同世代に差がつく“和モダン”アイテム?/イマドキ伝統工芸#002《有松・鳴海絞》

落ち着いた色合いのストールと華やかな手ぬぐい。同じ絞染でも全然印象が違ってびっくり!

「イマドキ伝統工芸」は、東海ウォーカーWEBの女子大生ライターによる連載企画。「人とはちょっと違うものを身につけたい」「オンリーワンのモノを作りたい」そんな女子には、モダンで胸キュンな伝統工芸体験がおすすめ♪実は、伝統を守りながらも“イマ”を取り入れたオシャレでキュートなモノがたくさんあるんです?そんな「イマドキ伝統工芸」を、女子大生ライターが体験&リポートしちゃいます!

■ 美人職人さんに聞く!“有松・鳴海絞”のいろは

女子大生ライターが今回注目したのは、やさしい柄と色合いに心惹かれる“有松・鳴海絞”!でも、“有松・鳴海絞”って何ぞや…?ということで、有松・鳴海絞の括り職人・大須賀彩さんに、その魅力を紹介していただきました!

大須賀彩さんは、2007年に名古屋学芸大学に編入した後、有松・鳴海絞に魅了され、当時ヨーロッパを拠点とし有松絞り関連の製品を展開していたsuzusanに20歳で弟子入り。その後、昭和9年から続く老舗・山上商店に移籍し、技術を磨きました。現在は独立し、職人として制作に従事しつつ、伝統的絞技法の1つ「手筋絞」での伝統工芸士認定を目指しています。学生時代には卒業制作発表会でゴールド賞を受賞しているほか、若手ながら第24回有松絞りまつりで最優秀賞をとるなど、400年続いた有松・鳴海絞を現代に活かした作品で数々の賞を受賞しています。

今回は、そんな将来有望な美人括り職人・大須賀さんに、お話をうかがいました!

―そもそも有松・鳴海絞って何なのか教えてください!

「有松・鳴海絞は、名古屋市緑区の有松・鳴海地域を中心に生産される絞り染めのことです。江戸時代の初めから400年の歴史を誇る伝統工芸で、布の一部に糸で『縫う』『括る』『挟む』の3つの動作を施し模様を作り出すことが特徴です。絞り技法には、『唐松縫い絞り』『巻き上げ絞り』『人目鹿の子絞り』『機械蜘蛛絞り』など、さまざまな種類があり、複雑な柄を描き出すことができます。」

―大須賀さんが思う有松・鳴海絞の魅力は?

「絞り染めは、有松の他にも京都や大分県、そして中国やインドなどの海外にもありますが、これだけ多くの種類の技法が存在するのは有松・鳴海絞だけ。海外から技法を学びに来る留学生も多く、日本の誇れる技術と言えると思います。」

―職人としての仕事に対する大須賀さんのこだわりは?

「私はこれまで、自分のできる事・自分にしかできない事を探していきました。そうして見つけた方法の1つが、デザインから入るのはなく、納期や販売したい価格からデザイン提案をすることです。

これまで絞り職人は、8工程あるなかの1工程でしかなく、デザインすることもなければ、自分が絞った商品が何色になり、どのような場所で販売されているのかも知り得ませんでした。でも私はそうではなくて、デザインから提案し、見合った価格、提案ができる職人であろうとしています。」

括り職人の仕事の枠にとらわれず、最終的な商品をイメージしてデザインも自分で考える大須賀さん。今後の目標について尋ねると、「絞りを伝統ととらえるのではなく一種のデザイン・パターンとしてとらえ、生活空間に自然と存在しているような商品を作り続けたいと考えています。絞りで表現できないものはないんじゃないかと思っているので、和紙・レザーなど、布ではないものに絞りを施したりもしたいです。最近だとスマホケースにもなっているんですよ」と、現代の生活に溶け込む絞り染めの在り方を語ってくれました。

大須賀さんが最近注目しているのは藍染。藍染で作ったものは本来色落ちせず、抗菌作用など、いい効果がいっぱい!藍染で作るベビー用品はとってもキュート!!

さらに、自身の工房・店舗を持ち、絞り染めが好きな人や学びたい学生が集まれるような場所を作りたいとのこと。こんなに美人で熱心な先生が教えてくれるなら最高ですよね!

大須賀さんをここまで魅了する有松・鳴海絞、私たちもぜひ体験してみたい!ということで、今回も…

―今から有松・鳴海絞を体験する初心者へ一言アドバイスをお願いします!

「固定概念に縛られず失敗しても挑戦し続けてください!知識に貪欲になって、なんでも興味をもってなんでも質問してください!!」

■ さっそく”有松・鳴海絞”を体験してみた!

「有松・鳴海絞をやってみたい!」大須賀さんに刺激を受けた私たちは“有松・鳴海絞”を体験できる「早恒染色」にお邪魔しました!今回体験するのは女子大生ライターこっちゃん(写真右)。到着すると講師の小林先生(写真左)が出迎えてくれました!

名古屋市緑区にあるこの施設では、1日で体験できるコースのほかに、月2回の有松・鳴海絞教室が開講されています。私たちが訪ねたときも、受講生の方が和気あいあいと作品を作っていました♪

体験は約2時間(1620円〜)。てぬぐいやTシャツなど、染める素材は持ち込みが可能なので、自分の好きなものを好きな色に染められます。今回は手軽に使えるハンカチで挑戦!

体験は、下絵に沿ってなみ縫いすることからスタートします。いざ始めてみると「裁縫なんていつぶりだろう…」と緊張してなかなか進まない…。そんな私を気遣って、教室に通うおばあちゃんが「布を押さえる指は、こうやって人差し指を下に入れるのよ」と教えてくれました!言われたとおりに進めてみるとすいすい進む!!こういった受講者同士のコミュニケーションも魅力の1つです!

なみ縫いが終わると、今度は絞る作業。糸を引っ張りてるてる坊主のような形を作ると、その頭部を糸で巻き上げていきます。固く巻き上げれば巻き上げるほど、白い部分が増え、緩く巻き上げれば色がつく部分が増える。自分のさじ加減で柄が変わるので、個性を出すポイントです!

全てを絞り終えたら、生地を染料の中にドプンッ!染める作業は職人さんがやってくれます。染めあがったハンカチの糸を抜くと…

きれいな模様が現れます!この糸を抜いて布を開く作業は、ドキドキとワクワクが止まらない!!何回やっても飽きません。   

そしてついに、ハンカチが完成しました!作っていくのも楽しかったけど、それと同じくらい教室の“和”な雰囲気や、アットホームな居心地がすてきでした♪

【イマドキ伝統工芸DATA】

伝統工芸:有松・鳴海絞 アレンジ: アクセサリー・雑貨など無限大!

難易度:★☆☆

イマドキ度:★★★

体験の手軽さ★★★

アットホームさ:★★★★★

■ 一緒によりたい!大須賀さんおすすめのレトロでおしゃれな和食カフェ

■「カフェ&バル 庄九郎(しょうくろう)」(名古屋市緑区)

「早恒染色」から徒歩約30秒という超近場にある「カフェ&バル 庄九郎」。江戸後期の建物をリフォームした建物は、ジャパニーズモダンな雰囲気が漂います。女性に人気のメニューは4種のランチコース(1620円)。なかでも店の名前を冠した「庄九郎ランチ」のケーキ風に作られた飾りすしが超キュート!蛤のスープ、サラダ、デザートとコーヒーのフルコース付きで楽しめます♪

■ 体験で作ったアイテムでフォトジェニックな写真に挑戦!

今回は、ハンカチをクリアポーチに入れてパシャリ。ちらっと見える絞染めがかわいい?ほかにも、首に巻いてチョーカーにしてみたり、ヘアアクセサリーにしてみたり、お弁当を包んでみたりしても可愛かったです♪ぜひオリジナルの使い方を見つけてみてください!

古風な有松・鳴海絞体験とレトロなカフェにも行けて、ちょっとしたタイムスリップをした気分!友達と行くのもいいけど、今度はお母さんと行ってみたいな♪(東海ウォーカー・杉田真由 角優月 河合萌衣 河野琴美)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)