中秋の名月、東京タワーで見るか?東京スカイツリーで見るか?

中秋の名月、東京タワーで見るか?東京スカイツリーで見るか?

東京タワー・毎月1回の限定ライトアップ「満月ダイヤモンドヴェール」

酷暑が続いた今年の夏の暑さもようやく落ち着き、いよいよ秋・お月見のシーズン。東京タワーと東京スカイツリータウンでは、9月24日の「中秋の名月」に合わせてお月見イベントを開催する。

東京を代表する二大展望スポット、それぞれのイベント内容を紹介しよう。今年の中秋の名月、あなたはどちらで見る?

■ 東京タワー:年に1度の特別ライトアップ!

東京タワーでは、9月24日(振休)「中秋の名月」当日の日没から22時まで、年に1度だけのライトアップ「お月見ダイヤモンドヴェール」を点灯する。

「お月見ダイヤモンドヴェール」には、名月の光との共存というメッセージが込められており、月を引き立てるために、東京タワーの上部と足下を消灯し、中間をアクア・ブルーのダイヤモンドヴェールでライトアップする、この日だけの特別仕様になる。

また、フットタウン屋上からメインデッキ(旧大展望台)まで、約600段の外階段を歩いて昇ることができる「お月見階段ウォーク」も実施。東京タワー名物の外階段は、通常、土・日・祝日の11時から16時までの昼間限定で開放しているが、「中秋の名月」の日に限り22時まで特別に夜間開放する。

当日は、355段目付近の踊り場にお団子やススキをお供えして、お月見の雰囲気を盛り上げる。なお、外階段を歩いてメインデッキに昇った人全員に、特典として非売品の「ノッポン公認 昇り階段認定証」がプレゼントされるので、体力に自信のある人は挑戦してみよう。

また、東京タワーでは、毎月1回「満月の夜」の限定ライトアップとして、満月の明かりを引き立てるためにタワー上部を消灯し、下部をピンク色に輝かせる「満月ダイヤモンドヴェール」を点灯している。9月は、中秋の名月の翌日、25日(火)の日没から22時まで点灯する。

【東京タワー広報担当者からのコメント】

「高さ150メートルのメインデッキまで続く約600段の外階段は、知る人ぞ知る東京タワーの名物です!秋の空気を感じながら外階段を昇っていくと、「中秋の名月」は東京タワーの入り組んだ鉄骨の奥に浮かんで見えます。東京タワーだからこそ“鉄骨越しのお月様”を愛でることができる、これこそが東京タワーの「お月見」の魅力です。「外階段」を有する東京タワーならではの「お月見」を、お客さまに体験・体感していただけたらと思っています」。

■ 東京スカイツリータウン:テーマは「大人が愉しむ、秋の夜長」

一方の東京スカイツリータウン(R)では、天体望遠鏡などを製造している総合光学機器メーカー「ビクセン」の協力のもと、昨年に引き続き名月鑑賞会を実施する。

今年は中秋の名月に加え、15年ぶりに火星が地球に接近する年でもあり、月と火星のコラボを堪能できる名月鑑賞会となる予定だ。これに合わせて、東京スカイツリータウンでは、月や天体などの魅力を感じながら楽しめる様々なイベントを行う。

東京スカイツリー(R)の地上350メートルの天望デッキでは、日本を代表するサクソフォーン奏者・MALTAや、異例の速さでメジャーデビューしたシンガーソングライター・JILLEらによるJAZZライブを開催。名月と共に、贅沢な大人の時間を味わえる。

さらに、窓ガラスを巨大スクリーンに仕立てた「SKYTREE ROUND THEATER(R)」にて月をテーマにしたプログラム「奇跡の月」を上映。東京の夜景をバックに多彩な月の表情を自然による神秘的な映像と音楽で紹介し、風情な秋の宵を鑑賞できる。

その他、東京スカイツリータウン8階のドームガーデンでは、スカイツリーと月を見上げながらリフレッシュできる夜空ヨガを行う。ヨガマットなどを持参すれば、初心者、経験者を問わず誰でも無料で参加できるのでぜひ足を運んでみてほしい。

さらに、コニカミノルタプラネタリウム“天空” in 東京スカイツリータウン(R)では、中秋の名月に向けて「三日月シート」鑑賞券や、現在上映中の「星の旅 −世界編−」を手掛けた映像クリエイターKAGAYAさんのサイン本など、秋の夜長を楽しむグッズが当たるプレゼントキャンペーンを行う。

【東京スカイツリータウン広報担当者からのコメント】

「東京スカイツリーは特に後世に残したい名月のひとつとして、一般社団法人夜景観光コンベンション・ビューローより「日本百名月」の名月鑑賞地に認定されています。スカイツリーはその高さからの眺望が魅力であり、世界で一番高いタワーからより近くで月ができる、月に親和性の高い施設ですので、展望台から望む月をみなさまに楽しんでいただきたいです」。

ちなみに「中秋の名月」は必ずしも満月であるとは限らず、むしろ満月ではない年のほうが多い。今年の中秋の名月も満月ではなく、満月になるのは翌日の9月25日だ(次に「中秋の名月」の日に満月が見られるのは2021年)。(東京ウォーカー(全国版)・桑原健太郎)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)