美しい星空と壮大な宇宙を体感!日立シビックセンター天球劇場でドーム映像番組を上映

美しい星空と壮大な宇宙を体感!日立シビックセンター天球劇場でドーム映像番組を上映

天球番組 ムーン・ジャーニー

2018年10月1日(月)〜11月13日(火)の期間、日立シビックセンター天球劇場で天球劇場ドーム映像番組「ムーン・ジャーニー〜テルミとリサの大きな一歩〜」が上映される。地球に住む小学生の男の子テルミが、幼なじみの女の子リサの案内で、月探査の最前線を見学するお話だ。

日立シビックセンター天球劇場は、美しい星空と壮大な宇宙を体感できるプラネタリウムで、毎日、その日の夜の星空を解説員が案内してくれるプログラムを実施。可視化した宇宙を飛行して様々な天体をめぐったり、迫力のドーム映像の番組を上映したりと、様々なプログラムが体験できるとあって、親子連れにも人気の施設だ。

また、同館の科学館は、子どもから大人まで科学のおもしろさを発見することができる体験型の施設。実際に見て、触れて、体験できる展示物をはじめ、サイエンスショーの実演や工作コーナー、特別展などのイベントが楽しめる。

日立シビックセンター天球劇場で秋の星空について学びながら、宇宙への壮大な旅へと出かけてみよう!(東京ウォーカー(全国版)・ウォーカープラス編集部)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)