世界文化遺産の境内が紅葉に染まる!京都・醍醐寺で秋景色を堪能

世界文化遺産の境内が紅葉に染まる!京都・醍醐寺で秋景色を堪能

京都府下で最も古い木造建築物の五重塔。伽藍見学は昼間がおすすめ

世界文化遺産にも登録されている山岳寺院の醍醐寺。境内には京都府下で最も古い木造建築物である五重塔をはじめ、国宝や重要文化財など貴重な建物も多い。

毎年秋になると、カエデやイチョウなど約400本の木々が色づき、紅葉の名所としても知られている。落葉広葉樹が多いのが特徴だ。

紅葉の見ごろは11月中旬〜12月上旬。11月16日(金)から12月2日(日)までの期間は、ライトアップも実施される(18:00〜20:50、最終受付20:10/料金1000円)。なかでも、ライトアップされた林泉の紅葉は必見!毎年多くの観光客を魅了している。

また、弁才天が祀られている弁天堂も見どころの1つ。朱塗りのお堂と水面に映る紅葉が織りなす絶景を、目に焼き付けよう。その他、修行道場付近に咲き誇る、紫色のハギの花もお見逃しなく!(関西ウォーカー・ウォーカープラス編集部)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)