紅葉と灯籠の光が共演!京の奥座敷・貴船神社で秋の美景に感動

紅葉と灯籠の光が共演!京の奥座敷・貴船神社で秋の美景に感動

昼も美しい景色が広がる参道石段。カエデの葉がアーチのようにせり出し、幽玄の美を楽しめる

創建年代不詳ながら、伝説では約1600年前の創建と伝えられている古社・貴船神社。水の供給をつかさどる神・高?神(たかおかみのかみを)祀り、古くから「氣生根」とも表記し、氣力の生ずる根源の地としても信仰を集めてきた。

紅葉スポットとしても人気が高く、秋にはカエデなど約3000本が色彩豊かに色づく。11月上旬〜下旬が見ごろだ。

11月3日(祝)〜25日(日)には「貴船もみじ灯篭」が開催され、叡山電車貴船口駅から料理旅館街、そして貴船神社の本宮・結社・奥宮までの街道沿いに灯籠が並び、貴船川の畔もライトアップ。時間は日没から20時30分まで。境内は無料で楽しめる。

なかでも、春日灯籠の明かりとライトアップされたモミジが華やかな美しさを作り出す、貴船神社のシンボルともいえる本宮へと続く参道石段は必見。幻想的な夜のライトアップはもちろんのこと、昼間もまた違った趣があり、春日灯籠の朱色と、赤や黄色の木々、山の緑のコントラストが神秘的だ。

■ おでかけ前に混雑状況を確認!

ライトアップの時間帯は人気が高く、混雑覚悟の上でおでかけを。奥宮まで行けば、混雑を避けてゆったり紅葉を鑑賞できる。

■行く時期のベストは?:貴船エリアは色付きの時期が場所によって異なるので、色とりどりの紅葉を楽しめるのが魅力。真っ赤なカエデを見るなら11月中旬がおすすめ。

■行く時間のベストは?:ライトアップは人気のため、どの時間帯も混雑必至。ただ、奥宮まで参拝する人は少ないので、混雑を避けて紅葉狩りを楽しみたいなら奥宮へ。

■観賞の所要時間は?:メインの本宮のみの観賞なら約30分。奥宮まで行けば約90分かかる。灯籠が並ぶ貴船川沿いの参道を、ハイキング気分で歩いても楽しい。

■ベストなアクセスは?:駅から貴船神社までは遠いので、京都バスを利用してアクセスしよう。叡山電車の乗車中や貴船口駅でも、紅葉を楽しめるのがうれしい。(関西ウォーカー・ウォーカープラス編集部)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)