“ホリエモン”の住む「宇宙のまち」で一日限りのフェス開催

“ホリエモン”の住む「宇宙のまち」で一日限りのフェス開催

宇宙と大自然をテーマにした野外音楽フェスティバルが開催

宇宙・航空分野の実験や誘致活動を積極的に行い、2015年12月にはロケット開発を支援する“ホリエモン”こと堀江貴文氏が移住したとして注目を集めている、北海道の大樹町。十勝の南に位置するこの町で、9月10日(土)、宇宙と大自然をテーマにした野外音楽フェスティバル「宇宙の森フェス」が開催される。

大樹町は、約30年もの間「宇宙のまちづくり」を実施。民間ロケット企業の誘致活動や、航空宇宙に関する実験場の整備などを行ってきたという。最近では、放送作家・脚本家である小山薫堂氏が経営するオレンジ&パートナーズ・VILLAGE.INCによる、グランピング事業もスタート。今後ますます目が離せないスポットだ。

フェスには、the band apartのギターボーカル・荒井岳史やカジヒデキ、DJ・プロデューサーの須永辰緒、ほか地元出身のアーティストなど全12組が出演予定。また音楽以外にも、航空宇宙に関する体験ワークショップや星空案内、地元食材が楽しめる飲食店などの見どころが目白押し!ライブが好きな人だけでなく、ファミリーや友達同士でも楽しめるイベントとなっている。

音楽・アート・宇宙・自然・食・アクティビティを一度に楽しめる野外フェス。“宇宙のまち”大樹町で、一日中盛り上がろう。【ウォーカープラス/友ことみ】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)