『君の名は。』聖地、飛騨古川できつね祭

『君の名は。』聖地、飛騨古川できつね祭

「きつねの嫁入り行列」は、18:30頃スタート。約70人にも及ぶ行列が厳かに進む

8月に公開されるや、瞬く間に大ヒットとなった新海誠監督のアニメ映画『君の名は。』。物語の舞台である「糸守」は架空の町だが、実はその風景は岐阜県の飛騨地方をイメージしており、早くも感度の高いファンが、聖地巡礼として訪れはじめている。

そんな飛騨古川で、古くから伝わるおとぎ話「きつねの嫁入り」を再現する「きつね火祭り」が、9月24日(土)に開催される。

「きつねの嫁入り」とは、夜の闇に提灯のような怪火が連なる現象のことで、日本各地で伝承されているもの。飛騨古川にはこの行列を見た人は、五穀豊穣・家内安全・商売繁盛のご利益があるとされており、毎年9月の第4土曜日に「きつね火祭り」として再現され親しまれている。

漆黒に包まれた飛騨古川の町中、ゆらめくたいまつが作り上げる長い行列が厳かに進む様は、おとぎ話の世界を再現したかのような幻想的な雰囲気。最後はまつり広場で結婚の儀が執り行われるが、この祭りのユニークなところは、主役ともいえる花婿・花嫁のカップルを全国公募で決めていること。資格は結婚を前提といた、または入籍済みのカップル。選ばれたカップルは生涯忘れられない思い出になるに違いない。

もともとは御蔵稲荷神社の例祭の一部としてはじまったとされるが、一時は存続が危ぶまれたこともあるとか。現在は実行委員会を設け、毎年町を挙げて趣向を凝らした仕掛けを用意。

今年はボランティアスタッフが、観光客らにキツネのメイクを施す予定だ。この時期訪れるなら、ぜひメイクしてもらい、地元の人たちと一緒になって幻想的な一夜を過ごしたい。

また、おいしい水に恵まれた飛騨市は、実は有名なそば処。10月22日(土)から23日(日)には、まつり広場にて「飛騨新そば祭り」が開催。地元で収穫されたそば粉を使った打ち立てのそばは格別の味だ。イワナの塩焼きや五平餅など飛騨の名産や特産品のブースも出店。秋の風物詩となっている。

9月16日(金)から10月30日(日)は、飛騨古川さくら物産館にて「『君の名は。』飛騨市パネル展」も開催。この秋、『君の名は。』の聖地巡礼を予定している人は、これらのイベントも楽しまなければもったいない!【東京ウォーカー】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)