剛力彩芽が「DAZN」のアンバサダー就任、理想の男性は「サッカーの川島選手」

剛力彩芽が「DAZN」のアンバサダー就任、理想の男性は「サッカーの川島選手」

DAZN 日本社長&マネージングディレクターの中村俊氏(左)アンバサダーに就任した剛力彩芽さん(中央)、サッカー解説者の松木安太郎さん

女優の剛力彩芽さんが、スポーツに特化したライブストリーミングサービス『DAZN(ダ・ゾーン)』のブランドアンバサダーに就任。9月12日、六本木ヒルズアリーナで行われたイベントで、剛力さんのブランドアンバサダー就任式と「走るパブリックビューイング」として制作されたた「DAZN トラック」のお披露目式が開催された。

会場には、サッカー解説者の松木安太郎さんも登場。お披露目式でPKに挑むことになった剛力さんにキックのコツを伝授し、剛力さんが見事にPKを成功させると「トゥキックが僕はヒールのある靴では成功できない。今、日本代表はストライカーが不足していますから、ぜひ!」と、“松木節”で会場の笑いを誘った。

父の影響で“サッカー好き”になったという剛力さんは「父親がすごくサッカーが好きなので、昔から見る機会はありましたが、最近では、父と一緒に声を挙げて盛り上がってます。父との時間も増えるかなと思います」とコメント。続けて、「最近は乗馬をやらせていただいて、馬術もあるんですよね! スポーツは自分がやるのも好きですし、私自身が知らないスポーツや、まだ見たことのないスポーツもたくさんあって、自分も勉強しながら、アンバサダーとしてスポーツ観戦の魅力を広めていきたいと思っています」と意気込みを語った。

さらに、イベント後の取材で好みのスポーツ選手を聞かれると「スポーツ選手はみんなかっこいいですね。サッカーではゴールキーパーの川島(永嗣)選手が好きです。選手を後ろから見守っている姿がいいですね。理想の男性像です」と川島選手への憧れを口にした。

剛力さんは9月中旬からオンエアされるCMに登場し、「DAZN」の魅力をPR。今後もアンバサダーとして、「DAZN」が実現するスポーツの新しい楽しみ方を幅広く届けていく予定となっている。

また、剛力さんのPKで始動した「DAZN トラック」は日常生活での自由なスポーツ観戦を体感してもらうために、トラックの側面に巨大スクリーン上で同サービスのスポーツ中継を投影し、自由なパブリックビューイングを提供するもので、12日から7日間、都内各所に出没。スポーツの新しい楽しみ方を紹介するとともに、トラックの出没と連携したSNSキャンペーン「DAZN トラックを見つけよう!」が展開され、「DAZN」のPRを行うことになる。【ウォーカープラス編集部/浅野祐介】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)