恋や仕事に悩む女性を癒すイラスト展を鑑賞

恋や仕事に悩む女性を癒すイラスト展を鑑賞

温かみのあるイラストと、分かりやすい文章で綴られている

9月22日(木・祝)〜27日(火)、国立市のアートスペース88で「たいてい、23時」を開催。写真共有SNS・Instagramで約3万5000人のフォロワー数を誇るイラスト作品「あんなばなな絵日記」の2回目となる原画展だ。

■ 原画ならではの魅力に迫る

かわいらしいイラストと短い文章で、女性の恋愛模様や日常を描いた「あんなばなな絵日記」。都内在住、20代女性の井上杏乙さんがInstagramで毎日発表しているもので、今回は、Instagramで公開されている1000点以上の中から人気作品はもちろん、未公開の新作も多数展示される。

画面越しでは分からなかった、手書きならではの細かな描写や、色使いを間近に鑑賞することができる。また、9月17日(土)に発売される自身初となる作品集「あんなばなな絵日記」を会場でも販売し、購入者にはサインとポストカードがもらえる特典も。

「新作もたくさん用意していますので、いつもInstagramで応援してくれている方たちにも、新鮮な気持ちで楽しんでもらえると思います。Instagramとはまた違った形で私の絵日記に触れてもらえることを、とてもうれしく思っています。気軽に立ち寄ってくださいね」(井上杏乙さん)。

ユルっとかわいいイラスト展へ、心の栄養補給に立ち寄ってみては。【東京ウォーカー/和田麻里】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)