2月の経常収支、2兆9169億円の黒字…前年同月比4・7%減

2月経常収支 2.9兆円の黒字

 財務省が8日発表した2月の国際収支統計(速報)によると、海外とのモノやサービスの取引や投資収益の状況を示す「経常収支」は、2兆9169億円の黒字だった。黒字幅は前年同月比4・7%減で、7か月ぶりに前年水準を下回った。

 モノの輸出額から輸入額を差し引いた「貿易収支」の黒字額が61・6%減と大きく減ったことが響いた。前年に新型コロナウイルスの感染拡大で工場の操業が停止した中国からの輸入が回復し、全体の輸入額は11・8%増だった。一方、輸出額は4・0%減となった。

 旅行などモノ以外の取引を示す「サービス収支」は、757億円の赤字だった。赤字は21か月連続だが、海外から受け取る知的財産権などの使用料が増えたことなどから、赤字幅は縮小した。

関連記事(外部サイト)