世界最大の半導体製造会社「TSMC」、日本に工場建設へ…政府が経済安保強化で誘致

世界最大の半導体製造会社「TSMC」、日本に工場建設へ…政府が経済安保強化で誘致

TSMCのロゴ(ロイター)

 【北京=小川直樹】世界最大の半導体受託製造会社である台湾積体電路製造(TSMC)は14日、日本に半導体工場を建設すると発表した。2022年に建設に着手し、24年の生産開始を目指す。詳細は取締役会の承認を得て、公表するという。

 半導体の回路線幅が、22〜28ナノ・メートル(1ナノ・メートルは10億分の1メートル)の製品を生産する予定だ。

 TSMCの工場については、政府が経済安全保障を強化する観点から誘致を進めていた。

 魏哲家・最高経営責任者(CEO)は14日の決算発表会で、「当社の顧客、日本政府の双方から、このプロジェクトを支援するという強いコミットメントを得た」と述べた。

関連記事(外部サイト)