「外食で街に活気を」吉野家やロイヤルなど28社がタッグ…計9400店舗で値引きや限定メニュー

「外食で街に活気を」吉野家やロイヤルなど28社がタッグ…計9400店舗で値引きや限定メニュー

プロジェクトの発表会に臨んだ外食大手8社のトップら(14日、東京都港区で)

 外食チェーンなど28社は14日、来客を促すための業界横断プロジェクトを始めると発表した。

 「大戸屋」「甘太郎」などを展開するコロワイドや、吉野家ホールディングス(HD)、ロイヤルHDなど、全国の計約9400店舗(14日時点)が参加。共通の標語とロゴマークのもとで、ドリンクの値引きや限定メニューの提供などを年末まで行う。NTTドコモや楽天、ペイペイなどの決済やポイントサービスとも連携した特典も展開する。

 緊急事態宣言が全国で解除されたのに合わせ、今後の行動制限の緩和も視野に、業界全体で外食への関心を高め、集客を促す。同日、都内で開いた発表会で、発起人を務める吉野家HDの河村泰貴社長は「外食を安心して楽しむ文化を通じて、街に活気が戻ってほしい」と語った。

関連記事(外部サイト)