東海道新幹線、108本追加増便…コロナ感染減少でビジネス、観光に回復の兆し

東海道新幹線、108本追加増便…コロナ感染減少でビジネス、観光に回復の兆し

東海道新幹線が108本の増便

東海道新幹線、108本追加増便…コロナ感染減少でビジネス、観光に回復の兆し

東海道新幹線「のぞみ」(JR東海提供)

 JR東海は25日、11月30日〜12月23日の東海道新幹線の便数を計108本追加すると発表した。特に利用が集中する月〜木曜の計15日間に「のぞみ」の臨時列車を追加で運行する。

 新型コロナウイルスの感染が低水準で推移していることからビジネスや観光などの利用が回復しつつあり、予約状況を踏まえて判断した。追加分の乗車券は11月25日に販売を始めた。

関連記事(外部サイト)