ボーイングに280億円の罰金…旅客機「737MAX」墜落事故で「虚偽の説明」と指摘

ボーイングに280億円の罰金…旅客機「737MAX」墜落事故で「虚偽の説明」と指摘

旅客機「737MAX」=ロイター

 【ニューヨーク=小林泰裕】米証券取引委員会(SEC)は22日、航空機大手ボーイングが旅客機「737MAX」の墜落事故に関連し、2億ドル(約280億円)の罰金を支払うことで同意したと発表した。安全性について虚偽の説明をしたと指摘している。

 発表では、2018年と19年に起きた737MAXの墜落事故後、ボーイングと当時最高経営責任者(CEO)だったデニス・マレンバーグ氏は、飛行制御システムについて安全性の問題を把握していたにもかかわらず、公表せずに「737MAXは安全だ」と虚偽の説明をしていた。

 SECはこうした説明が米国の証券法の不正防止条項に違反したと判断。ゲンスラー委員長は「上場企業とその幹部は、市場に対して真実を開示することが特に重要だ」と指摘した。マレンバーグ氏も100万ドル(約1億4000万円)の罰金支払いで同意した。

 墜落事故は18年10月にインドネシア、19年3月にエチオピアで発生し、計346人が死亡。737MAXは運航停止となり、マレンバーグ氏も退任に追い込まれた。

関連記事(外部サイト)