日産自動車、11年ぶりの最終赤字6712億円…海外の2工場閉鎖へ

日産 6712億円の最終赤字

 日産自動車が28日発表した2020年3月期連結決算は最終利益が6712億円の赤字(前期は3191億円の黒字)だった。通期の最終赤字は09年3月期以来11年ぶり。

 売上高は前期比14・6%減の9兆8788億円だった。

 23年度をめどとする4年間の中期経営計画も公表した。

 インドネシア工場を閉鎖し、スペイン・バルセロナ工場の閉鎖の準備も進める。生産能力は18年度の720万台から540万台に減らす。

 固定費は18年度比で3000億円の削減を図り、日本、中国、北米の主力市場に集中する。

関連記事(外部サイト)