英会話レベルアップのために「SO」を使いこなSO! (2)

英会話レベルアップのために「SO」を使いこなSO! (2)

英会話レベルアップのために「SO」を使いこなSO! (2)の画像

 今回も前回に続けてsoの使い方を紹介する。前回は「強調・代名詞・接続詞」の3つの用法を解説した。今回はそれ以外のsoの使い方について紹介しよう。

【前回は】英会話レベルアップのために「SO」を使いこなSO! (1)

■使い方4 - 会話を切り出す

 以前話題になっていたことを聞く際や、話題を変える際など会話を切り出す際に使う。

Ex1;

A: So how’s your business going?「それで仕事の方はどうだい?」

B: Yeah going well so far.「今のところは順調だね」

Ex2;

A: How’s your new life?「新しい生活はどう?」

B: It’s great. I’m getting used to this city.「素晴らしいわ。この街にも慣れてきたし。」

A: That’s good. So what brought you here?「それは良かった。ところで何故この街に引っ越してきたの?」

■使い方5 - 会話を本題に戻す

 会話というのはしばしば本題からそれたりするものだ。その際に会話を本題に戻す際のクッションとして使われる。

Ex;

A: I went to First Avenue to see Prince’s show case.「この間プリンスのライブを見にファーストアベニューに行ったんだけどさ・・」

B: What? really? I’m a huge a fan of Prince.「本当?私プリンスの大ファンなのよ!」

A: Oh yeah? So am I「そうなの?私もよ」

B: Never knew that! You too?「知らなかったわ」

A: I’ve been a fan for over 10 years. So I went there and….「10年以上も彼のファンよ。それで彼のライブに行ったんだけど〜」

 上記の例の他に、例えば中々言いにくい話を切り出す際にもsoが使われる。日本語の「ところで〜・実は〜・それで〜」等のような使い方と覚えておくと良いだろう。

■使い方 6 - 相手に意味を悟らせる

 相手が自分の言いたいことを全て言わなくても理解してくれるような状況で、soを使って相手に悟らせる場合に用いる。この場合は文節の最後にsoを使う。

Ex;

A: Would you like to have dinner with me tonight?「今夜食事でもどう?」

B: Well I’d like to but I have a thing to do so….「行きたいんだけど、ちょっとやることがあって・・・」

A: Oh ok.

 この使い方の場合最後のsoは「sooo」のように伸ばす傾向にある。

 以上、前回に続き2回に渡ってsoの使い方を紹介した。学校の授業では殆どスルーされる何気ない単語であるが、このsoのような単語を使いこなすことで英会話は格段に上達する。単純ながらも会話で頻繁に用いられる単語を使いこなすことが、英語脳を作るのに有効である。

(newpowersoul)

関連記事(外部サイト)