「want」のホントの意味は? コアで覚える英語 (32)

「want」のホントの意味は? コアで覚える英語 (32)

「want」のホントの意味は? コアで覚える英語 (32)の画像

 コアで覚える英語第32回は「want」を取上げる。日本人に馴染みの英単語ランキングを作ったら、トップ10に入るであろう単語だ。今回はその単語をコアの視点から掘り下げてみよう。

【こちらも】「stay = 止まる」だけでは英語は話せない? コアで覚える英語 (31)

■wantのコアは

 wantのコアは「(欠けているものが)(必要で)欲しい」である。基本的に「何かが欠けているからそれを望む」という意味の日本語の「欲しい」と同等といえるだろう。

■例文

 以下が例文である。ポイントは「主語が必ずしも人・動物でない」という点だろう。

・I want a new iPhone.「新しいiPhoneが欲しい」

・She wants to merry me.「彼女は私との結婚を望んでいる」

・My band wants new vocal.「うちのバンドは新しいボーカルを求めている」

・You are wanted on the phone.「電話だよ」

・So what do you want me to do?「それで、何をして欲しいというんだい?」

 wantの後に動詞が来る場合は「want to~」となる。また「want+someone〜」で「人に〜をして欲しい」となる。

■wantとwould like to

 「want」と「would like to」はどちらも「〜したい」だが、以下の点でニュアンスが異なる。

1.「want」の方が「would like to」よりも強い要望を表す。また「would like to」の方が丁寧なニュアンスとなる。

Ex;

・I want a coffee. コーヒーがどうしても飲みたい

・I’d (I would) like a coffee. もし良かったらコーヒーをくれないか

2.「want」の方が「would like to」よりも絶対的である。

・When I go to Paris, I want to visit the Louvre. それがパリに行く目的なので絶対にそこへ行く

・When I go to Paris, I would like to visit the Louvre. パリでの用事が済んで時間があればそこへ行ってみたい

■wantとwon’t

 wantとwon’t(will not)は非常に発音が似ているが意味は全く異なる。この2つをどうやって聞き分ければ良いのだろうか。もちろん会話の流れで判断できるのだが、それ以外にも聞き分ける方法がある。

 won’tの後は必ず動詞がくるが、wantの後は必ず名詞(代名詞)であり、動詞が来る場合は必ずtoが入る。また主語が3人称の場合「wants」となり、日常会話では頻繁に「want to = wanna」と発音されるため発音からも聞き分けることができる。

(newpowersoul)

関連記事(外部サイト)