英会話力がアップする「You’re right」の代替表現4選

英会話力がアップする「You’re right」の代替表現4選

英会話力がアップする「You’re right」の代替表現4選の画像

 「You’re right」は便利な表現だ。日本語にすると「その通りです」や「あなたは正しい」になるが、誰かが言ったことに対する軽い同意や返事の意味でも気軽に使える。しかし、英語上級者を目指すのであれば、「You’re right」だけでなく、状況に合わせてふさわしい返答ができるようにさまざまな表現を身につけておこう。そこで今回は、「You’re right」の代わりに使えるフレーズをいくつか紹介したい。

【こちらも】英語で相手の意見を尋ねる、「What do you think?」以外のフレーズ

■Bingo!

 日本ではビンゴゲームでおなじみだが、英語では「その通り!」や「正解!」という意味でよく使われる。親しい間柄で使うごくカジュアルな表現だが、教師が生徒に対して使うことも珍しくない。

 - Is the answer…A?

 - Bingo! You got it. Good work.

■Exactly!

 短いながらも相手に強い同意を示すのに便利な表現だ。もちろん「You’re right.」や「Bingo!」のように「正解!」という意味にもなる。カジュアルでもフォーマルでもどんな場面にも使える。

 - I think that dress is better for your date.

 - Exactly! That’s what I was thinking.

■That’s spot-on

 相手の言うことに100%の同意を示す表現だ。別の言葉で言い換えるなら、「precisely right」や「exactly correct」になるだろう。相手の発言に「その通り」や「正解」と返答する時のほか、たとえば相手の物真似に「そっくり!」という意味でも用いられる。どちらかといえばイギリス英語よりの表現だ。

 - My guess is you are 168cm tall.

 - That’s spot on.

■I’m with you on that

 「それについてはあなたと同じ意見だ」という意味の表現だ。「that」の代わりに「that one」を使うと、「その点については同意する」と強調するニュアンスになる。会議などビジネスシーンでも使えるし、もちろん日常のカジュアルなシーンでもよく聞く表現である。

 - It’s only Wedensday? What a long week.

 - I’m with you on that one.

(ムロタニハヤト)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?