コロナ破たん、9月も高水準 第8波への対策に関心 東京商工リサーチ

コロナ破たん、9月も高水準 第8波への対策に関心 東京商工リサーチ

"コロナ破たん"9月も高水準

コロナ破たん、9月も高水準 第8波への対策に関心 東京商工リサーチ

コロナ破たん、9月も高水準 第8波への対策に関心 東京商工リサーチの画像

 東京商工リサーチは16日、新型コロナウイルスの影響で9月に破たんした国内事業者数が、同日時点で90件に達したと発表した。足もとの破たん件数は昨年や一昨年より高水準で、20カ月連続で100件を超えるのはほぼ確実な状況だ。

【こちらも】パチンコ店、コロナ禍で閉店率急増 客足落ち、新規則機移行を断念

 国内におけるコロナ第7波はピークを超えた感がある中、政府分科会では第8波の到来に向けた対策に関する協議を開始。これまでの教訓を生かし、経済の正常化に向けた勢いを止めない対策を期待したい。

 東京都は16日、コロナの新規感染者数が8,636人確認されたと発表した。1週前の同じ曜日から約600人減るなど引き続き減少傾向が見られる。新規感染者は30代と40代で多く、65歳以上の高齢者も全体の8.7%を占めた。病床使用率も減少が続き、32.6%まで下がった。22日よりオミクロン型に対応したワクチン接種を開始し、次の流行に備える。

 政府は16日、新型コロナウイルス感染症対策分科会を開催し、第8波に向けた対策の議論を始めた。WHOのテドロス事務局長が14日に示した「(コロナは)終わりが見えてきた」との発言に対し、分科会の尾身会長は、「第8波への対策は必要」と指摘した。

 欧米などは、コロナからの経済正常化をほぼ終え、物価高対策による景気悪化への懸念がホットイシューとなりつつある。日本もコロナによる経済活動の停滞を避けるため、医療体制やワクチン接種など、これまでの教訓を生かした対策が期待される。

 ジョンズ・ホプキンス大学の集計によれば、日本時間17日午前11時時点における直近4週間の新規感染者数は日本が引き続き世界最多で403万人。コロナが中国で最初に発見されて以降の累計では、世界全体で6億1,137万人超が感染。国別では、米国が最多の9,564万人超。次いでインドが4,452万人、フランスが3,507万人、ブラジルが3,456万人。

 かかる状況下、東京商工リサーチは、新型コロナウイルスに関連する9月の経営破たん事業者数が16日時点で90件に達したと発表。コロナ発生以降の累計件数は4,261件(負債1,000万円未満を含む)にもなる。破たん企業(負債1,000万円以上)が雇用していた従業員数の累計は、判明している数だけで3万9,246人となった。

 コロナ感染の第7波はピークを超えたものの、コロナ関連の破たん事業者数は高水準を維持している。政府による第8波の対策で日本の経済正常化が遅れることのないよう、過去の教訓を生かした対策に期待したい。

(dailyst)

関連記事(外部サイト)

  • 34

    日本だけが全数集計してるだけであって、もはや数を世界と比べるのはおかしい。 だれもがそう思ってるよね。 客商売が潰れていくのは仕方ない。特にアルコールの売り上げだけで商売が成り立ってる飲み屋は立ち行かなくなっても仕方ない。パチンコはなくなっても誰も困らないし。 記事に関係ないコメは報告して削除してもらうよ。

  • 33

    日本人で良かったな。

  • 32

    無料の翻訳ソフトはいい加減で欧米特有の言い回しをそのまま直訳してくる。 だから、語学力ゼロの人には理解できないことも多い。

すべてのコメントを読む