イオンタウンが東京23区初出店、品川・旗の台で都市型SCを12月17日オープンへ

イオンタウンが東京23区初出店、品川・旗の台で都市型SCを12月17日オープンへ

イオンタウンが23区に初出店

イオンタウンが東京23区初出店、品川・旗の台で都市型SCを12月17日オープンへ

イオンタウン旗の台の開業イメージ(イオンタウン発表資料より)

 イオンタウンは、12月17日に、東京都品川区の旗の台東口通り商店街に都市型ショッピングセンター「イオンタウン旗の台」(品川区旗の台)をグランドオープンする。イオンタウンが東京23区内に出店するのは初めてで、クリニックモールにドラッグストア、オーガニックスーパーなどが出店。地域住民の健康維持に貢献できるショッピングセンターを目指す。

【こちらも】大阪のイオンタウン松原、2023年秋オープンへ スーパーや衣料品店など36店舗

 イオンタウン旗の台は、東急電鉄・旗の台駅前にある旗の台東口通り商店街の一角に建設された、鉄骨3階建て延べ約2,000平方メートル。このうち、総賃貸面積は約1,700平方メートル。半径1キロ圏の約4万1,000世帯、約7万3,000人を商圏ととらえ、施設をウエルネスステーションと位置づけている。

 出店する専門店は、ドラッグストア・調剤の「ウエルシア薬局」、イオンタウン初出店となるフランス・パリ発のオーガニックスーパー「ビオセボン」、ハンバーガーの「マクドナルド」。クリニックモールを構成する「旗の台ひだまり整形外科・リウマチ科」、「はたのだい耳鼻頭頸部クリニック」、「旗の台歯科・矯正歯科」、「なみファミリークリニック」、スポーツリハビリ・整体の「ひだまりアップオン」の計8店舗を予定している。

 施設は国産木材の使用や敷地内緑化で環境に配慮した温もりを感じられる空間とするほか、屋上に太陽光発電設備を設置して年間約3万キロワット時の電力をつくる。さらに、非化石証書を活用し、実質的に二酸化炭素フリー電気100%使用とする。

 地域に根差したショッピングセンターを目指すため、旗の台東口通り商店街の一員として地域のイベントに積極的に参加するとともに、2階テラスに緑豊かなコミュニティ空間を設け、地域住民に自由に活用してもらうことにしている。

(高田泰)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?