内閣府が8月の月例経済報告で景気判断を据え置く 据え置きは5カ月連続

記事まとめ

  • 内閣府は「弱さもみられるが、緩やかな回復基調が続いている」と、景気判断を据置き
  • 先行きについては雇用改善が続くなかで、各種政策の効果もあり緩やかな回復に期待
  • 英国のEU離脱問題など海外経済の不確実性の高まりなど注意する必要があるとしている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております