クライスラー、「300S」の限定車「アロイエディション」を発売

『クライスラー 300S アロイエディション』を20台限定で販売開始

記事まとめ

  • FCAジャパンは『クライスラー 300S アロイエディション』を20台限定で販売開始した
  • 同社によると、特徴は限定モデルならではのカラーコントラストだという
  • ベースモデルではホワイトの時計は、同モデルではニッケルとシルバーの背景としている

クライスラー、「300S」の限定車「アロイエディション」を発売

クライスラー、「300S」の限定車「アロイエディション」を発売

FCAジャパンが発売した「クライスラー 300S」の限定モデル「クライスラー 300S アロイエディション」(写真提供:FCAジャパン)。

 FCAジャパンは12日、同社が展開するクライスラーブランドのサルーン(セダン)「クライスラー 300S」の限定モデル「クライスラー 300S アロイエディション」を合計20台、販売開始したと発表した。

 同社によると、「クライスラー 300S アロイエディション」の特徴は限定モデルならではのカラーコントラスト。アメリカンサルーンを象徴する300Sの存在感をより一層際立たせるという。

 内装はブラックを基調とし、専用のキャメルカラーのステッチを採用。また、コンソールベゼルやセンターパネルに施したピアノブラックとチタンカラーのアクセントでラグジュアリー感を演出する。ベースモデルでは背景がシンプルなホワイトのアナログ時計は、同モデルではニッケルとシルバーの背景としている。

 全国メーカー希望小売価格は577万8,000円 (税込)。

関連記事(外部サイト)