関西電力、ガスの小売全面自由化に向け販売・保安体制を強化

 関西電力は13日、2017年4月のガスの小売全面自由化に合わせ、ガス小売事業における、販売・保安体制を強化すると発表した。

 ガスの販売について、ユーザーにダイレクトメール等を送付するとともに、電話や訪問により、丁寧な提案活動を進めていくという。加えて、新たに開設する「関電ガスお問い合わせダイヤル」や同社ホームページなど、今後、ユーザーとの様々な接点を通じて、販売活動を展開していく。

 また、同社の販売体制を強化するため、岩谷産業、KDDI、中央電力、ケイ・オプティコムと、同社のガスの提案を行う業務提携に合意した。今後、各社の顧客基盤や強みを生かした販売方法について、検討を進めていく。

関連記事(外部サイト)