三菱レイヨンとランボルギーニ、炭素繊維複合材の共同開発に基本合意

 三菱レイヨンとランボルギーニは16日、自動車用の炭素繊維複合材(CFRP)分野において共同開発を検討することに基本合意したと発表した。

 両社は、三菱レイヨンのCFRP中間材およびその加工技術とランボルギーニの軽量部品の製品化技術・知見を組み合わせることで、自動車用CFRP分野における新たな展開の可能性について協議を重ねていた。

 今回の基本合意に基づき両社は、今後 1年間をめどに、特に加工時間短縮、生産作業削減、生産自動化に関する技術を取り込んだ新CFRP開発を主な目的とした共同開発の可能性について検討を開始する。

(阪木朱玲)

関連記事(外部サイト)